みかの日常で起こった、あんなコト・こんなコト。。。 日記で面白く、トキドキ過激に(?)お届けしマス♪ さぁ、今日はどんなコトあるかな? 今日も着ぐるみ脱いで 暴走中☆

大阪名物 【 オチ 】 付き(?)日記を更新中!                    日記を読んで、「お。なんか面白いヤツやん!」  「フィーリングあいそう♪」っと思ってくれた、そこのアナタ!  コメントボタンをポチッとな♪             車好き・バイク好き・機械好き・変わったもの好き(?!)な人、大歓迎デス☆ d(-_☆) キラーン                 そして只今、LINEスタンプ販売中!             【ほんわか棒人間】 スタンプID:125133              記事が参考になったよ!っと思った人は、ココを σ・・)o ≡o( *)σ☆|ぽちっとなっ♪(見るだけでも、どぞ☆)                これで、うまい棒いっぱい食べられるといいな。~( ̄∇ ̄)~ほえほえ~♪

武庫川とルキノ亭。
2017年09月10日 (日) | 編集 |
あわや池ポチャを免れ、ハゼの入れ食い状態で釣りをしたのは、いつだったか。。。
昨日、再び武庫川に行ってきマシタ。(*`・ω・)ゞデシ!!

あれから3年ぐらいたったのかな?
前は電車で行き、車椅子では降りられるところがないと思っていた土手でしたが、
今回は車で、そして土手も遠回りだけど車椅子で降りられるところがあって、
池ポチャせずに済みました。(・ё・)(笑)

けどね、川底を見てみると魚がいない。
ボラとボラの稚魚しかいない。
試しに釣り糸を垂らしてみるも何も釣れない。

ボウズです。\(-o-)/

けっこー粘ったケド、あまりに全く釣れないので一度撤収して上流へ行ってみたら、
釣り人が多くて、ちょっとは釣れてるみたい。

土手を上がっちゃってたので、うーちゃんだけ土手を下りて
ちょいと釣り糸を垂らしてみたら、渋いなりに釣れてる。

それを土手上から見てる私。(*°ρ°) ボー

土手を下りよかと、来た道を戻って奥まで行って土手を下り、
さらにこっちまで戻ってくることを考えていたら、うーちゃんが
「せっかくだから1匹ぐらい釣って帰れ」と私を担いで階段を降り、
椅子に座らせてくれた。

そして、釣る。( ・ω・)っ\____¶

なんでも前に釣ったハゼと違って、ヌマチチブというデローンとデカいハゼらしく、
エサを突く手応えがないらしい。ちょっと糸を垂らして待って、時間が経ったら探りながら上げて
かかってるか見るという釣り方。

が、私にはわからん。(ー'`ー;)

そーっと糸を上げながら手応えを探って、ピクピクしてるなっと思って
あげると逃げられてる。

なので、うーちゃんが合わせてくれた魚を釣ってみたけど。。。
つまらん。( ̄- ̄)

やっぱり釣りって、釣る過程が面白いんだなってコトが分かった釣りなのデシタ。(・ё・)

さて、ホントならクーラーボックス一杯のハゼを持って行くハズだったけど、
ボウズで手ぶらとなってしまった、ルキノ亭。
やっと念願かなって行ってきました!(・∀・)

でっかい車イスが行ったもんだから、どこに座るかで常連の皆さんを
右往左往させてしまい申し訳ないことに。(_ _(--;(_ _(--; pekopeko
皆さん親切な人で椅子を動かしてもらい、収まりが良かったカウンターへ着席。

何を頼もうかメニューを探す私。キョロ (・・ )( ・・) キョロ
あっちこっちに書いてあって、『あんなところに、あれが書いてあった!』っと、
後あとになっても新しい発見(メニュー)を見つけたりと、宝探しのよう。
最初に枝豆が見つけられなかったのは、しくじったな、ワタシ。(>_<)うむ(笑)

どこへ行っても頼むダシ巻き玉子とルキノから揚げをまずはオーダー。
そして、生ビール。

ダシ巻きはパックを切ってポンだよーなんてルキノ奥さんが言ってたけど、
ちゃんと手作りで、おまけに山椒の佃煮も乗ってました。(* ̄▽ ̄*)b グー

あ、そだ。ルキノ奥さんの出身が九州だって言ってたの、どちらの県か聞きそびれてた!
(うちの母も九州デス。)

そして、謎の“ルキノから揚げ”は、美味しかったザンギや うーちゃんが作る唐揚げに似てて、
これまた美味しい!ヾ(*´∀`*)ノ チャレンジャーって言われたけど、全然美味しいし!

しかし、ワタシ的に一番美味しかったのは、
お通しのカボチャだったりする。(*^.^*)ヾ(- -;)コラコラ(笑)

いかんせん量がたくさん食べられない私は、あれもこれも食べたいのに頼めなくて、
しかも昨日はあまり飲める体の調子じゃなかった(量的なの含め)ので、
ルキノ亭を満喫するのには物足りなかったかも。

といいつつ、ルキノさんからのサービスでお酒をいただいたんだけど。(;^_^ A フキフキ
おちょこ半分ぐらいでやめようと思ってたんだけど、隣の席の人懐っこい常連さん(女性)が
ナミナミと注いじゃって、口を付けたらおちょこ半分も減ってないのに次々と継ぎ足していくので、
どのぐらい飲んでしまったのか。。。

ルキノさん、ゴメンね。(_ _(--;(_ _(--; pekopeko

常連さんと言えば、皆さんフレンドリーで会話も楽しく、隣の人懐っこいNちゃんに至っては、
帰りの車までお見送りしてくれて、車が遠く見えなくなるまで大きく手を振ってくれてました。(笑)

次回は、なるべく早く行って、ゆっくり時間をかけてマイペースで
食べたり飲んだりできればいいな。継ぎ足し厳禁で。(笑)

っということで、うーちゃん次回もよろしくお願いしマス。<(_ _)>(爆)





初上陸!北海道は、でっかいどー!
2017年08月19日 (土) | 編集 |
数日前に北海道から帰ってきました!∠( ̄∧ ̄) ただいまデス。

いやー、今回ものの見事に雨ばっかだったね。
予報では、初日と帰阪時だけ雨っぽかったのに、北海道にいる間、
ほぼ雨だったという。。。

龍神様、パワーアップしてるっぽい。(-"-) (爆)

さて、そんな北海道旅行ですが、日記を書こうと思った時に
時系列の記憶が一切ないんだよね。( ̄_ ̄|||)

北海道にいる間、「今日は何日?何曜日?」って、ずっと言ってたぐらい
時間の流れが違ってた気がする。

その対策のためにTwitter導入したのに、
圏外多発でUPすらままならず。。。( ̄▽ ̄人)) ((人 ̄▽ ̄)意~味な~いじゃ~ん♪(爆)

まぁ、山道ばっかり走ってたから仕方ないけど。(・ё・)

さて、そんな北海道旅行をレシートの時間記載を頼りに
振り返ってみたいと思いマス。(*`・ω・)ゞデシ!!
(間違いや漏れがあったら、うーちゃんが補足してくれるだろう。←人任せ(笑))


8月11日(金・祝)、1日目。
朝、うーちゃん家へ父の運転で向かい10時半に到着。
荷物を積み込んで、モノレールの駅まで うーちゃんの運転で出発。

このトキ、うーちゃん家のシャッター閉めたと記憶してるんだけど、
帰ってきた時にはナゼか目いっぱい全開だった。 ( ̄ω ̄;) 謎じゃ

モノレールに乗って40分ほどで空港に到着。
激混みのフードコートでなんとか椅子を確保して、12時45分に昼食。
飛行機は14時半に出発だけど、車イスは梱包とか手続きに時間がかかるから
出発の1時間前、13時半には手続きしないとダメなんだよね。

そんなカンジで慌ただしく昼食をすませて、手続きカウンターへ。
すぐに係りのお姉さんが来て、諸手続きを始めたんだけど、
バッテリー確認を絶対に目視でしなきゃいけないらしく、プチひと悶着。
結局、バッテリーの蓋をずらして見るだけですんで、本体からは取り外さなくても良かったよ。

ちなみに、電話で申し込んだときにもバッテリーの形状として
シールドタイプ(防漏型鉛蓄電池)って伝えてたんだけど、車イス本体から外すかどうかは
その形状で判断されるっぽい。(見たら重いの分かるしね)

まぁ、無事そのまま梱包ということで、私は空港が用意してる車イスに乗り換え、
動けない文鎮と化しておとなしく手荷物を抱え、動かされるままに。

途中、うーちゃんに「行くぞ。」っと置いてけぼりになりそうになったのはお約束。(爆)

飛行機に乗るのは私は今回3回目、うーちゃんは初めて。
CAさんが「毎年ご旅行ですか?」って聞いてきたので、北海道は私は初めてで、
うーちゃんは飛行機乗るのが初めてって言ったら、うーちゃんCAさんにお手紙(ハガキ)と
飴ちゃんもらってたよ。(・ё・)(笑)

空の旅は1時間半、乗り降り含めて2時間ほどで北海道に到着。
レンタカー屋さんに出口ロビーで会って、スロープ付きのヴォクシーを受け渡してもらい、
17時半ごろに出発。。。っと思わせといて、ちょっと退避できるところで
車内セッティング開始。我らがナビ子ちゃんと、今回導入のチビれいたん。
うん、チビれいたんについては、うーちゃんに聞いて。(-"-)(笑)

走り出してすぐに雨が降り出し、そのまま富良野の宿泊先へ。
富良野の宿泊先は部屋にお風呂がなくて、大浴場と家族風呂にもなる
リハビリ浴室があって、22時~23時(最終)を予約してたので
なんとか22時までには滑り込みたい。

今、レシートを見ると、占冠料金所を19時20分に通過してるっぽい。
そして、富良野市新富町のマクドで20時40分にドライブスルーで夕食してる我ら。
北海道に来て一発目の食事がマクド。。。いーのか、私達。(▽*) アヒョ(爆)

宿に到着したのは21時半ぐらいで、雨は降るし寒いしで私はかなり凍えてたんだけど、
お風呂の湯船にも何十年ぶりかで首まで浸かれたし、大丈夫だろうと思ったら
布団に入っても寒い。うーちゃんの布団を奪い取っても寒い。

そして、大惨事が発生したのデス。。。(T▽T)

夜中の1時にパッと目覚めて、お腹の差込を感じ、鬼気迫る声で
「うーちゃん!!!!!トイレ!!!!」

はい、もうみなさんお分かりですね?
間に合いませんでした。_| ̄|○

不幸中の幸いでベッドは汚さずに済んだんだけど、いかんせん部屋にお風呂がない。
処理する道具も持ち合わせてなくて、手持ちのカードがない。
さすがの うーちゃんも困ってたけど、すぐに立て直してトイレやなんかで洗ってくれて
1時間半で処理終了。

この判断力と物怖じしない行動力に、毎回頭が下がりマス。(_ _(--;(_ _(--; pekopeko

しかし、普段は私が呼んでも絶対なかなか起きないのに、あの時のうーちゃんは
呼んだ瞬間、跳ね起きて直立不動でビシッと気を付けの姿勢になって
「なに?(◎∠◎)」ってなったのは、ビックリした。(;^_^ A

そんな最悪な旅の初日を終え、2日目に。
騒動から寝たのが2時半過ぎだったので、2人とも睡眠不足でヘロヘロ。
お腹の調子が安定しない私は、食べるとお腹が痛むので食欲がわかず、
朝食のバイキングは、お粥に梅干し、味噌汁を少し。
あぁ、北海道に来てまで、この食生活。悲しす。(>_<)

うーちゃんが牛乳を飲んでたので少し味見させてもらったんだけど、
濃厚でとっても美味しかった。
お腹さえよければ一気飲みしたかったけど、結局今回の旅行では、
どこに行っても牛乳は少し口つけた程度だったな。

富良野の宿を出ると、やっぱり雨。
2日目は稚内まで行かなきゃいけないので時間がないんだけど、
出たのが10時ちょっと前。

そこから、今回 私が希望した“青い池”と“白ひげの滝”に向かってGO!

蚊や虫対策を懸念してたけど、気温も低いし雨がポツポツ降ったりやんだりだったので
虫よりも寒さ対策が重要だったと、ギリギリ買ったウインドブレーカーを着ながら思い知らされるワタシ。

駐車場で完全装備に身を包み、いざ青い池へ!
晴れてないと青く見えないとか聞いてたけど、それでも十分青かった。

20170812_aoiike.jpg

うん、バブ入れたみたいに青いな。(・ё・)(笑)

青い池の外周と、池のすぐ横の林道チックな内周を往復して堪能してから
次のポイント、白ひげの滝へ。

ここは時間がなくて、写真撮ったらすぐに移動したんだけど、
それでも一目見た瞬間、圧巻だった。(*・・*) 川も青いし

20170812_sirahigenotaki.jpg


青い池が13時半ごろ、白ひげの滝が14時ごろで、
白ひげの滝を早々に後にし、そこからウネウネと山道を通り、
15時ごろに、今回うーちゃんの目的地 “ジェットコースターの路”に到着。

もうね、雨じゃなかったら車椅子で走りたいぐらいの風景だったよ。Σ(゚Δ゚*)
もしくは、私が運転したかった。

周りは何もない、どこまでも続いてるかのような1本の真っすぐな道。
空まで伸びてるかのような真っ直ぐな道。アップダウンもあって、
思わず「行けーーーーーーーーーー!」って言っちゃったほど楽しかった。٩(ˊᗜ`*)و
(横道がいっぱいあって、スピード出しちゃいけないってうーちゃんに止められたけど。(爆))

何往復かして(ヾ(-_-;) オイオイ(笑))、雨の中、素早く写真を撮って堪能した後、
一路、稚内へ向かいマス。

旭川市西御料のガソリンスタンドで15時45分に給油してるので、
稚内のオロロンラインはギリ夕焼けを見れた(ハズだ)けど、
肝心なサロベツ原野は真っ暗になって何も見えない。( ̄ω ̄;) ブヒ~

真っ暗闇の雨の中、何も見えないサロベツ原野に2人は車を走らせ。。。
こんな中、車で走って何してんだお前ら?ってカンジだよね。
まぁ、これはこれで思い出になる。
なんて話しながら、普段しない話なんかもして、振り返ってみると今回の旅行で
一番の思い出になったかもしれない。

その日、ホテルに着いたのが何時だったか忘れたけど、
16時ごろ遅い昼食をセイコーマートのおにぎりとザンギを食べたっきりで、
部屋に入った22時か23時近くに残りのおにぎりを1つ食べて就寝。
(このホテル(ANAクラウンプラザホテル稚内)だけバリアフリールーム自体無かったので
普通のツインルームに。トイレとお風呂は車椅子では無理だけど、
室内は幅64cmの電動車椅子でも入れマス。)

北海道に来てからマクドとコンビニおにぎりだけ。
2日目にして、いまだお腹が落ち着かず。(´・ω・`) 食べれない
まぁ、ザンギが美味しかったからいーけど。(笑)

翌日の13日、3日目。
ホテルの朝食でお粥と梅干、海苔の佃煮と味噌汁をチョイス。
味噌汁が濃いくてとっても美味しく感じたら、飲んだ直後からお腹の痛みが治まって、
なんだかモリモリ食べれそうなぐらい復活に。o(・д´・。)○

この日は、前日見れなかったサロベツ原野のリベンジと、オロロンラインから
オホーツクに向かって走り、そして踵を返して富良野へ戻る行程。
かなりハードです。運転手の うーちゃんが。(・o・)

まず、日本最北端の岬、宗谷岬へ向かいマス。
その前に、11時10分ごろ宗谷岬のガソリンスタンドへ。
最北端の給油証明証と貝殻の飾りをもらって、うーちゃん満足げ。(笑)

その足で宗谷岬へ向かい、写真ポイントに並んでる人たちの横の方で
こっそり写真撮影。だって、記念撮影用のモチーフの上には階段で上がれないしね。(苦笑)

そして、これまたこっそり裏側に回って、モチーフの後ろにある
方向を指し示すような三角の先を目線でたどって海を見ると、
ちょこんと出っ張った岩が。なんでも、その岩が最北端の場所らしい。
誰も見に回ってこなかったけどね。(笑)

いかんせん天気が悪かったから海の向こうまで見えなかったんだけど、
海の色は独特な感じで、車窓から眺めてたのも含めて、見てて飽きなかったな。

ちょうど12時頃でお腹が空いたので、ホタテとツブ貝の焼いたのを買って食べたら
ホタテちょー美味かった!ツブ貝は、まぁまぁだったけれども。(・ё・)

このあと、ひたすら車で走るんだけど、この日の風景を今思い出してみると、
どれがどれだか分からないぐらい同じような風景の記憶しかなくって、
丘陵があって、湿原があって、そうそう白い貝殻の道があって、
エヌサカ線っていうクランク&直進の道があったなってカンジの記憶なんだよね。
あれは、ライダーというか運転してる人が一番楽しめるポイントだと思う。
私も運転してみたかったし。ただし、“そのポイントに限る”だけれども。(・ё・) (爆)

白い貝殻の道はね、ホタテ貝の貝殻を敷き詰めてあるらしく、
よく見るとホントに貝殻だったよ。「これだけ敷き詰めるとなると、
そーとー食べなきゃいけないよね。(`・ω・´)」って言ったら、
うーちゃんにヾ(-_-;) オイオイって言われたのは、ココだけの話。(爆)

あ、しまった。どこまで敷き詰めてるのか、掘ってみるの忘れてた。(・ё・)

ここも雨だったので、一瞬車から降りて写真撮ってダッシュで車に戻ったという。。。

エヌサカ線では、対向のライダーに手を振ったら振り返してくれるか?っという遊びに
うーちゃんが車の窓から片手を出して立ててたらけっこー振り返してくれてたな。

ちなみに、エヌサカ線以外でも うーちゃんが眠気対策で車から腕出して
ライダーなら知ってる(?!)“エアーおっぱい”を堪能してたら、
勘違いしたライダーが手を振ってくれたという。。。(笑)

で、私が手を振っても誰も返してくれない。(´・ω・`)
てか、そもそも私が手を振ってるのがよく分からないからなんだけれども。(苦笑)

その後、富良野に向かって帰っていったんだけど、この日だったか
道にキツネが出てきて、ゆっくり走らせてたら追いかけてきたので
ちょっと止まって“北海道限定ポテチ”をあげました。(・ё・)
あんまりあげちゃいけないんだろーけど。
車追いかけるようじゃ、いつか轢かれちゃうよね。(´・ω・`)

キツネは3・4回ほど見かけたけど、追いかけてきたキツネは
その子だけだったな。

富良野の宿に到着したのが21時10分過ぎぐらいだったんだけど、
その道中で真っ暗なクネクネの山道を走っている時に、
急にうーちゃんがクラクションを数回軽く鳴らすから
『なにやってんだ?o(°°)o』って心の中で思ってたんだけど、
そのあとまた急にハンドル切って蛇行するから
「もう!なにやってんの!」ってちょっと怒ったら、
「え?今人がいたでしょ?危ないからクラクション鳴らして避けたんだよ。」って。

人いませんからーーーーーー! ( > < ;)//

いや、クラクションの時は目線下げててハッキリ見てなかったけど、
蛇行した時は見てたし。
てか、そんな山道で真っ暗で、横道もないのにどっから歩いてくるのさ!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

絶対からかってるんだと思って何度も聞いてみたけど、
最後まで本気っぽく言ってたのをみると。。。(o;TωT)o"ビクッ

その日は、(22時からの予約だったけど)気持ち早めにお風呂に入れてもらい、
ゆったりお湯に浸かって、さっさと就寝。怖いし。(苦笑)

次の日、4日目。
メインは、札幌でニッキーと従妹に会うことだったので、
時間的にみて1つぐらいなら富良野観光できるかということで
ひつじの丘に行ってみることに。(牧場的なところだったらどこでもよかった。(笑))

10時半前ぐらいに到着したんだけど、まだ準備中の看板が出てて
牛乳とアイスクリーム目当てだったので店の人に聞いてみたら、
11時からだということで、ウサギ小屋のうさぎ(子ウサギもいた!)や
羊に100円でエサをあげたりしつつ待ってたら、11時前になって
ふと見たら、お客さんがすでに着席状態で満席近くに。

しぼりたて牛乳とアイスクリームだけで、ジンギスカンはいいやと思ってたんだけど、
なんとなく急遽変更して食べようということに。
残り2席でギリギリ __( -"-)__セーフ!

一番いいお肉と3番目のお肉食べたけど、どっちも美味しい!
私は1番目が好きだけど、うーちゃんは3番目が良かったって。
牛乳もあっさり系の風味がある味で、一番は富良野の宿の牛乳、
2番目がここってカンジ。

あと、地ビールがとてつもなく美味しかった!
あんな泡までクリーミーで美味しいビール飲んだことないよ。(*´Д`)
サッポロビール園にも行ったけど、申し訳ないけど足元にも及ばないと思う。
それほど、ひつじが丘の限定地ビールおススメです。(`・ω・´)b

ここからは、一路北海道へ向かいます。
従妹と16時にホテルで待ち合わせて、15分遅れで到着。
16年ぶりぐらいの再会デス。
(残念だながら従妹の旦那さんとは会えず。月水金は用事があるので都合あわなかった。)

会ってすぐに当時の感覚に戻り、積もる話に花を咲かせ、
うーちゃんの紹介や私へのお説教を食らいながら(苦笑)
時間はあっという間に過ぎて19時前に。

ホテルに戻ったら、ニッキーがホテルの外で待ってた。( ̄∇ ̄; !! はっ

そう、ニッキーとは最初に18時に待ち合わせしたんだけど、サッポロビール園の予約が
20時からしか取れなかったということで、すっかり20時が私の頭の中で設定されてしまい、
結果、1時間もニッキーを待たせてしまったという。。。

ホンマ、ごめん。(T人T)

なんか、しくじりすぎて挨拶もそこそこになってしまったけど、ニッキーはいつもの通りで
初めて会ったのに、「久しぶり!」ってカンジで馴染んでしまってた。(笑)

そこから徒歩でサッポロビール園に向かって、写真タイム。
庭には面白い乗り物(?!)も置いてるし、建物も凄くて見るだけでも価値あり。d(>_・ )

20時に席について、あれやこれやと注文し、まずは乾杯!
カンパーイ!! (*゚∀゚)ノ□☆□ヾ(∀`三´∀)ノ□☆□ヽ(゚∀゚*)っ カンパーイ!!

我々と出会ってからの話やバイクの話、やまqとニッキーの出会い話、
ニッキーのヤンチャ時代の話や奥さんとの馴れ初めまで、
根掘り葉掘り聞いてやりましたとさ。┌( ̄0 ̄)┐ウオーホッホッホッホ(笑)

そんな話の中でやまqの話題が出てると、その本人から連絡が。
なんでも札幌に戻ってきてるらしく、こっちに来れそうだとのこと。
おぉ、会えないものだと思って残念がってたけど、ラッキーじゃ!

店のお客もまばらになってきたころ、やまq満を持して登場!
すぐにお土産をいただいて恐縮デス。ゴテイネイニm{_ _}mペコペコ

いやー、こちらも初めましてなんだけど、全然初めましてってカンジじゃなかったな。
ワタシ、普段のうーちゃんとの会話で「やまq」って呼び捨てだったのがそのまま出てたし。(笑)

会話も楽しくあっという間に時間が経って、お店が閉店時間に。
仕方ない、帰るとするか。

で、外に出て4人で写真をとセッティングしてる時にニッキーが後ろにスッ転んだ。\( ̄゜ ̄)/どた

いあー、頭打ってないか心配だったけど、あれ酔ったんじゃなくて
血圧がポンと跳ね上がったんじゃないかい?
あのあと様子を聞こうにも、やまqと連絡先交換してなくて、しまった!
っと思って心配してたんだけど、mixiに書き込みがあったっぽいので一安心。

いろいろハプニングはあったものの楽しい時間でした♪
まぁ、私といると、こんなハプニングは序の口だけどね。┐(  ̄ー ̄)┌ フッヾ(-_-;) オイオイ(笑)

ホテルの東横インに11時半ごろ戻って、宿泊代とともにメンバーズ会員登録を。
もうね、この先もお世話になるに違いないので会員になっちゃったよ。割引あるし。(笑)

こーして、札幌の1日は濃く終わったのデシタ。。。

翌日15日、5日目。
小樽に向けて出発!
まずは、柿崎商店に向かいマス。

ちょっと時間が押してたのでショートカットで高速を使ったんだけど、
トイレ休憩で宇宙なんちゃらってとこに寄ったり(宇宙食買いたかったw)してたら
結局着いたのが11時半過ぎ。

既に歩道まで人が並んでマス。( ̄∇ ̄; !!

柿崎商店の2階が食堂なんだけど、そこに行くには階段しか見当たらない。
横の魚屋の強面のお兄さんに恐る恐る「車椅子で2階の食堂に行きたいんですけど、
行く方法ありますか?」って聞いたら、秘密を教えるかの如くニヤリと笑って「あるよ。(¬ー¬)」と。

着いといでと言われついて行くと、お店の奥にホームエレベーターが。
それに乗って行ってみると、おばちゃん達が慌ただしく配膳してて、
1人捕まえて聞いてみると「下で誰か並んでる?」と聞かれ、うーちゃんが並びに行くことに。

店の隅っこで待たせてもらってたら、「2人で来たの?団体じゃないよね?」っと
別のおばちゃんに声をかけられ、結局ごにょごにょで通してもらえた。。。

この時ばかりは、特権を使ってしまった。すまぬ。(爆)

今回食べたのは、うーちゃんがうに丼(赤)とてっぽう汁。私がホッケ定食。
ホッケも美味しかったんだけど、てっぽう汁が圧倒的に美味しくて、
てっぽう汁とご飯だけでよかったかもしれない。( ̄¬ ̄*) カニうめーー!

12時半に柿崎商店を出るときに魚屋のお兄さんにお礼を言うと、
にやりと笑いながら「早く食べれたでしょ。(¬ー¬) フフフ」と。
そのニヤリは、こーゆー意味だったのね。(笑)

お腹も満たされたので、次は神威岬に行くことに。
けど、これが渋滞してて大変だった。
もうね、北海道の渋滞のない、もっと言えば車すらまばらなトコロばっかり走ってたので、
この渋滞は堪えたな。大阪だったら普通なんだろうけど。(-_-;)

やっとこ神威岬に着いたけど、うーちゃんにも言われてた通り
岬の先には(途中までしか)行けなくて、見どころもなく。。。
車から見えた神威岬は凄かったけど。

神威岬は早々に撤退して、小樽のホテルへ向かいます。
今回最後の宿泊地は、ちょっとリッチなところ。
各部屋に露天風呂がついててオーシャンビュー。

早めにチェックインして、夕日を見ながらお風呂に入ればよかった。
うーちゃんは一人で入ったケド。(-"-)

そうこうしてたら夕食の時間。
コースディナーを食べてワインを飲んで、ちょっとゆったり♪

部屋に戻ってくると、お待ちかねのお風呂!
いや~えがった♪(*´д`*)露天風呂
これで星空でも見えれば最高だったんだけど。(-"-) はいはい、曇り空ですよ
ちなみに、見えたのはイカ釣り(?)漁船のライトだけでした。(爆)

最終日の16日、6日目。
この日は、ちょっと早起きして前日見れなかった小樽観光へ。

うーちゃんが昔来たという北一硝子三号館、北一ホール。
ここにはガラスのランプが壁にかかっていたり、シャンデリアになっていて、
灯される炎とオイルの匂いに癒されマス。
幻想的な雰囲気の中、ココ限定のミルクティーとシュークリーム(デカい!)をいただいて、
現世を忘れるひと時。朝10時ということもあって、人も2・3組ほどしかいなくて
落ち着いた雰囲気でした。

この館は、それぞれ入口に2段の段差があるけど、どこからともなく
三角の板を2つ持ってきてくれて段差解消してくれマス。
64cmの幅でギリギリ乗れるぐらいだったかな。

他にも別の場所でグラスを見て買ったり、試飲したり。
オルゴール館にも入ったけど、人混み凄すぎるわ、日本語じゃない言葉が飛び交ってて
そのマナーや所作がとてもじゃないけどオルゴールを楽しむ雰囲気じゃないわで
とっとと出てきてしまいました。

その後は、うーちゃんが写真を撮りたかった日本郵便の建物と、
小樽運河をチラ見して、千歳空港へ。

途中、北海道の回る寿司をお昼に食べて帰ろうと思って札幌市内をキョロキョロと走ってると、
「ここ、ニッキーの家の近くでないかい?」っと、うーちゃんレーダーが察知して、
ちょっと曲がったらすぐにニッキーの家がドーンと登場。

ピンポンダッシュしたかったけど(ヾ(- -;)コラコラ)、奥さんがいるみたいだったので
まずはニッキーに電話。℡<トゥルルルル
すぐに「電源が入っていないか~」になったので、こりゃ~バイクで走りに行ってるんだろ
ってことで、証拠写真だけ撮って帰ることに。

さぁ帰ろうと振り返ると、“北海市場”なる店が。
これって、回転寿司じゃね?( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう

それ行け~!っと車を降りて店に入ったら、スーパーでした。( ゚∀゚)・;'.、グハッ!!(笑)

まぁ時間もないし、お寿司買って食べようと店内をウロウロしてたら、
なんと冷凍じゃない 毛蟹 花咲ガニが1杯980円 770円!!(」゜ロ゜)」 ナント!!

もちろん、うーちゃん即買いデス。(・∀・)

そして、スーパーの駐車場の片隅に車を止め、ニッキーの家を見ながら
車内でお寿司と毛蟹 花咲ガニを食う2人。。。カオス(笑)

こーして、14時ごろに食べ終わり、悲惨な車内を後始末して(笑)、
今度こそ千歳空港へ向かったのでありました。。。

レンタカー返却の16時に到着するも止める場所がなくて(レンタカー屋さんが邪魔してた)、
警備員のおっちゃんに怒られてもう一周する羽目になったり、
宿の駐車場で当て逃げされて壊れたミラーのカバー代を
請求されるかとドキドキしたけど、そのままでよかったり、
飛行機も着陸時にスピード落ちなくて、急ブレーキ気味だったから
私が座席から前に飛びそうになって、うーちゃんがホールドしてくれたり、
貨物から戻ってきた電動車椅子のリモコンとフットプレートが歪んでたというのもあったしね。
最後まで波乱な旅でした。(苦笑)

そうそう、波乱と言えば、うーちゃんを家に送り届けてみれば、
何故かガレージのシャッターが全開だったんだよね。
もちろん、その奥の階段を上がった玄関は、いつも開けっ放しだし。。。

山道での出来事といい、シャッターといい、不思議なことが多かった今回の旅。

。。。きっと、キツネに化かされたんだろう。
そういうことにしておこう。(=_=)うん


さて、広すぎる北海道。とてもじゃないけど一気には見たりない。
次回は船で行くとうーちゃんが言っておりマス。
どーなることやら。。。

また来年、乞うご期待!(なのか?!)(爆)





急転直下。
2017年06月25日 (日) | 編集 |
昨日、午後も少し回った頃、うーちゃんのお誘いで
鹿を見に奈良に行ったんだけど、お腹の調子が急転直下で
鹿を見に行ったんだかトイレしに行ったんだか分かんないありさま。

行くときは、ちょっと違和感はあるもののスッキリ調子よかったんだけどな~。
結局、家も含めてトイレ6回座るとは。(-_-;) 外で3回だよ

10年前、1人で東京行った日を思い出してしまった。。。

行ってみたかったオクトーバーフェストやってたのに、
それどころじゃなくて無理だった。飲んだり食べたりしたらヤバす。(-"-)

っと、相変わらずトイレに振り回される人生なのデシタ。(T▽T)

って、一番振り回されたのは、うーちゃんかもな。( ▽|||) (爆)





何十年ぶり?!
2017年06月11日 (日) | 編集 |
梅雨の晴れ間をぬって、お出かけしてきました。(*`・ω・)ゞデシ!!

昨日(10日)は、お腹の調子も安定していて、
朝9時半から出発開始!ε=ε=ε=ε=ε=(o- -)oブーン

今回は、和歌山へ日帰りドライブ。
三段壁にもう一度行きたいと私が言ってたので、そこに連れて行ってくれマシタ。

まずは、お昼ご飯を兼ねて“とれとれ市場”に。
職場の人がBBQするのに早朝から買い出しに行ったりしてるって聞いてたから
どれほど美味しいのかと思って行ってみたかったんだ。

市場をぐるっと回ってみると、まだピクピク動いてる鯛や水槽に伊勢海老なんかが泳いでて、
その中の1つ、まん丸い海老(名前なんだろ?)を家で(水槽で)飼いたいって
うーちゃんが言ってた。(・ё・) 食べるんじゃないのね

いろいろ見て回って、その場で調理して刺身で食べさせてくれるところがあったので、
ホタテとエビを食べてみたら、刺身になったエビを口に入れた途端、エビの尻尾がピクピク。
うーちゃんちょっと驚いて爆笑。思わず動画撮影。(笑)

そのあと、のどぐろと金目のお寿司、サザエのつぼ焼きを買ってお昼ごはん。
私は車内でコンビニの卵サンドを食べてたので、ちょっとしか食べられなかったけど。。。

全体的に味はね、ちょっと水っぽい感じがして、それほど美味しくなかった。
しかも高いし。(-_-;) もう行かないと思う

さて、お昼ご飯を食べた後は、再び訪れたいと思った三段壁へ。
前に行ったのは、20代前半だったかな。
三段壁の洞窟と千畳敷、それとアドベンチャーワールドに両親と行ったんだけど(1泊で)、
三段壁は、いつかまた行きたいなーっと思ってたんだ。

三段壁の洞窟へは、エレベーターで下まで降りたら順路に沿って進みマス。
前に行ったときは、車幅58cmのクイッキーV100だったから、
今の車幅64cmの電動車イスで行けるかな?って思ったけど大丈夫だったよ。

下が濡れて滑りやすそうだけど意外とグリップが利いたし、
スロープも電動車椅子なら余裕デス。

ただ。。。天井から落ちてくる水滴には注意だ。(`・ω・´)b 汚れてもいい服で行こう(笑)

20年ぶりで行った三段壁。
昔は、崖っぷちに朽ち果てたような柵しかなかった気がするけど、
柵は綺麗になり、看板も「恋人の聖地」と新しくなってる。
いつから聖地になったんじゃ?あのゾクゾク感は、どこ行ったんじゃ?

洞窟の中も、前は写真撮影(出口で買わせるヤツ)は無かったと記憶してるけど、
一番良いスポットで急かされるように写真を撮られ。。。

昔、ココがお気に入りで、ここでずっと眺めてたかったのに。(T▽T)
仕方ないので、別のポイントで心行くまで眺めていました。(笑)
(温泉も湧き出てるので、そこもポイント!昔あったかは記憶ないんだけど。(苦笑))

いやー、やっぱ三段壁良かった。
海がそばまであって、洞窟という空間と、そこに打ち付けて反響する波の音が
えも言われぬ恐怖に近いドキドキ感を感じさせてくれるよね。(*´Д`) 洞窟サイコ―

洞窟を出たら喉が渇いたので、アイスクリームを食べることに。
お店は何軒かあるけど、「昔ながらのソフトクリーム」を売ってるお店がおススメです。
ミルクが濃厚で美味しいぜ。(* ̄  ̄)b 店内もレトロで面白いゾ

さて、洞窟の後は近くの千畳敷へ。
ここは車椅子では下まで降りられず上から見るだけなので、ちょっと物足りないんだよね。
だけど、太平洋がズドドーンっと見渡せるので、そこは楽しい!
なので、車内からちょこっと堪能。

次は、円月島へ。
ここは初めて見るところだったので興味津々。じー( ・_・)
普通の沿岸道路の横にちょっとしたスペースがあって、みんなそこに駐車して
道路を渡って堤防の淵に腰かけたりして眺めてるんだけど、
私は車内の方が高さがあってよく見えたので、ここで眺めることに。

車内からの眺め↓

20170610_engetuto.jpg


のんびり車窓から写真撮って眺めてたら、うーちゃん寝だした!Σ( ̄ロ ̄lll) 
まだ時間があるとかなんとか言いながら寝たんだけど、
次の予定を知らないから気が気じゃない。
でも、連日仕事&帰宅後は車のカスタマイズだから休みもなくだし、
ちょっとは寝かさないとと思うんだけど。。。

2・30分過ぎたあたりで起こした。(爆)

次の予定を教えないから悪いんだ。ウニウニ(--)(__)(--)(__)ウニウニ

っと、教えてくれないまま次へ。
家に向かってるようだけど、違うっぽい。
てか、だんだん山に向かってないか?
これ、完全に山に向かってるよ。( ̄∇ ̄; !! どこ行くの?

車が通ってもいいのか分からないぐらい狭い道を行き、
ちょっと拓けたところ、小さな川沿いの駐車場っぽいトコロに車を止める。
でも、目的地は、その坂の先らしい。

どこ連れてくの?(T▽T) また道なき道を行くの?

だけど、なぜかノンビリしてるうーちゃん。
なかなか出発しようとしない。
そして、車もなんだか増えたような。。。

夕日が落ち、暗くなりだした頃、ピンときた!
川のせせらぎ&夜といえば!

ホタル!(・∀・)

そう、みんなホタルを見に来てる人だった。(自然のホタル。)
日の落ちた直後は見えなかったけど、だんだん時間が経つと
ホタルが現れだし。。。場所を変えてみると、そこそこの蛍の光が。

ホタルを見たのは、小学生の時1回見た以来だな。(*・・*)

そうこうしてると、うーちゃんがカメラを出し始め、
カメラの光が漏れないように気を付けながら撮り始めた。
ホタルの数がそれほどでもないのと、時折邪魔される懐中電灯と
車のヘッドライトで上手く撮れないようで夢中になって。。。

私、ほったらかし。(´・ω・`) つまんない

だって、こーゆーのって誰かと共感してこそだと思うんだよね。
1人で感傷にふけって見るなら別だけど。

で、うーちゃんをせっついて、やっと帰還の途についたのでありました。。。
そして、また夜ご飯食いっぱぐれた。(´・ω・`)

今度からは、ちゃんと1日の予定を聞いておかないとな。
食いっぱぐれないように。(`・ω・´)ヾ(-_-;) ソコか、私(爆)





谷瀬の吊り橋と高野山。
2017年05月08日 (月) | 編集 |
富士山から戻ってきて中一日の昨日(7日)。
うーちゃんのストレス解消のため(?)、お出かけしてきマシタ。(*`・ω・)ゞデシ!!

朝のコーヒを味噌汁に変えた昨日は、ナゼかお腹の調子が絶好調で、
約束の10時半でも元気いっぱい!(* ̄0 ̄)/
定例のコンビニでの買い出しもあれやこれやとおやつを仕込み、いざ出発♪

まず向かうは、谷瀬の吊り橋。
奈良県の南にある十津川に架かる、長さ297m・高さ54mの巨大な吊り橋で、
真ん中に4枚分(80cmぐらいかな?私の車椅子は64cm)の板がはってあって、
その両サイドは金網になってる、真下見え見えの吊り橋デス。

あ、ちなみに、駐車場料金は500円だけど、障害者手帳があれば無料でした。(・ё・)

駐車場のおばあちゃんに「車椅子でも渡っていいですか?」って聞いたら、渡ってもいいよ~って
言われたので、ルンルン気分で橋に向かいマス。((((ノ^◇^)ノ ウヒョヒョヒョ

橋の出入り口では、守衛のおじちゃん達が拡声器でアナウンスや指示をしてて、
私が行くと「車椅子の方が通るので、よけてあげてくださいね~」っとアナウンス。

さぁ、いざ行かん!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

っと後ろを見たら、うーちゃんが小さく後ろに見える。。。
え?行かんの?一緒に行こうよ!
半ば強引に従えて、渡り始めマス。

最初はね、まぁ大丈夫なんだけど、中ほどに行くと揺れが大きくて、
しかも風が強くなってきたのか、私の体が風にあおられる~。o(^o^o)(o^o^)o ウキョキョキョ
体が意に反して動くということは、操作する手も動くということで、
ちょっとスリリングだったね。d(>_・ )

あと、板のつなぎ目が車椅子の重みで浮いたりして動くし、
向こうからやって来る人とすれ違うのも相手に避けてもらうので気を使ったり、
なるべくギリギリを通ろうとしてたりで、他の吊り橋にはないスリリングさでした。(・ё・)

さぁて、2度目(帰り)行ってみよう!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

っと、うーちゃんを見るとプルプルと首を横に振る。
そーいや、行きもなんだかへっぴり腰でギャーギャー言ってたなぁ~。( ゜┌・・ ゜) ホジホジ♪
(そんな中でも写真だけは撮ってたけど。(笑))

普通の道を回って戻るという うーちゃんを何とか諭して戻ろうとしたら、
うーちゃんに「リフトアップして渡れよ!怖い気持ちが分かるから!」
っと言われたので車椅子の座席を目いっぱい上げて渡ったら、景色が良かったよ~♪

そんなうーちゃん、私の車椅子の後ろに乗って、目つぶって楽して渡ろうとしたけどね。
てか、私に命預けていいのかい?( ̄ー ̄)ニヤリ(笑)

こーして、吊り橋の往復は終わり、楽しい時間は一瞬で終わったのでありマシタ。

一度に渡る人数は20人が目安らしいけど、私(総重量170kg)と20人以上は
渡ってた気がする。。。これから行こうと思ってる車イス乗りの方、参考にどぞ。(笑)

さて、往復渡り終えてお腹も空いたので、横にある食堂でお昼ごはん。
うーちゃんはカレー蕎麦、私は親子丼、そしてこんにゃく串(味噌田楽)を食べたんだけど、
こんにゃくが物凄く美味しかった!(*´Д`) 食感がね、柔らかい

橋を渡る前の食堂がある方のこんにゃくが100円。
渡った後にある茶屋が150円だった気が。。。
100円の方、おススメです。(* ̄  ̄)b

で、食べた後は高野山へ。
私が高校生ぐらいだった時に一度来たことがあるんだけど、
当時は土がむきだしだったハズなのに綺麗に舗装された道になってたり、
車椅子通路やスロープ、車椅子トイレもなかった気がするけど出来てたりで
進化してるっぽかった。

けど、お墓(奥の院)の横道(幅が車椅子ギリギリ)を無理やり行かされて、
吊り橋より遥かに怖かったよ。(o;TωT)o" 吊り橋の仕返しか?

こーして、18時ごろ高野山を後にし、一路みか家へ。
っと、その前に晩ご飯だ!

残念ながら食べれるようなSAはなく、いつものモールへ行くことに。
そこで久しぶりにハンバーガーを食べてご満悦になり、
22時ちょうどに帰宅したのでありました。。。

今回の一言。
吊り橋よりも、道なき道が怖い。(T▽T) みかデシタ(爆)





初・富士山!
2017年05月06日 (土) | 編集 |
東京へは、何度行っただろう?
新幹線ばかりだったけど、たぶん10回以上は行ってるハズ。
だけど、いつも雨か曇りばかりで富士山をハッキリ見たことはない。。。

そんな雨女ですが、なにか?(″・ิ_・ิ)

っと、そんな私が初めて富士山をババーンっと見て来ました!O(≧∇≦)O イエイ!!

今回、片道400km以上あるんで車の運転が大変ということで、
中継地点に静岡を選択。もくろみは、Cちゃんに会うこと。(・ё・)
だけど、Cちゃんもツーリングだったみたいで会えず、残念。

最初のお宿は、[静鉄ホテル プレジオ 静岡駅南] のバリアフリールームを運良く予約。

“静鉄ホテル プレジオ 静岡駅南”
バリアフリールーム 入口(室内から撮影)↓

20170503_hotelprezio1.jpg


室内↓

20170503_hotelprezio2.jpg

ベッド↓

20170503_hotelprezio3.jpg


出発時間は、いつも通り10時半集合で高速乗ったのは12時近くだったかな。
なので、到着は20時頃に。

どこかで夕食をと入ったお店は、回らないお寿司屋さん。
1人旅のお姉さんがカウンターで大将と楽しそうに話してるのが羨ましくて、
話に混ぜてもらったりしてたら、ちょっと飲み過ぎて。。。以下、割愛。(爆)

翌日、重い体を起こしてもらって、なんとか出発。
ちょっと体調が思わしくなかったけど、昼過ぎごろから何とか復活し、目指すは富士山!(* ̄0 ̄)/

富士スバルライン(障害者割引あるよ。往復で1,030円デス。)を目指して進んでいくと、
車窓から良いアングルで富士山が!!

デン♪

20170503_huji1.jpg


デデン♪

20170503_huji2.jpg


うーちゃんと富士山

20170503_huji3.jpg


富士山に雲がかかり出して、ちょうど5合目の辺りなんじゃないか、
だったら寒さとか天候が心配だなと言ってたんだけど、
運よく雲がなくなって、綺麗な富士山を見ることができたんだ。v(。・・。)イェイ♪

いあ~、日頃の行いだね、ワタシ。ウニウニ(--)(__)(--)(__)ウニウニ(笑)


富士山5合目到着~♪

20170503_huji4.jpg


富士山の5合目では、馬が何頭もいたよ。たぶん、お客さんを乗せて登るのかな?
そして、ここでもやっぱり日本語じゃない観光客がいっぱい。
人でごった返しているトコロは、早々に引き揚げマス。

絶景の夕陽を見ようと、日の入りの時間との勝負をしつつ林道へうーちゃんが急ぎマス。
23年前には、うーちゃんがよく来て遊んでたという道、私の生涯の中では絶対来れそうにもなかった道を
進んで行くと、ちょっと拓けた場所へ到着。

日はまだ沈んでないけど、雲に覆われてて何も見えない。
ん~、このまま何も見えないで終わるのか?

っと思っていたら、雲の切れ間ができ始め、だんだんと高い雲が薄く消えていった。
そして目の前に現れたのは、雲海の中、遠くに見える北アルプスの山々に沈む夕日と、
真横には夕日に照らされる富士山が。(*・・*)すごい

普通ではちょっと見られないような絶景を陽が沈むまでしばし堪能し、
林道の夜道を帰ったのでありました。。。

2日目のホテルは、探すのがギリギリすぎて見つからず、なんとか空いてるホテルで
車椅子でも行けそうな(バリアフリールームとかない)所だったんだけど、
トイレとお風呂はムリ(抱っこなら行けるかも)だけど、室内には車椅子ごと入れました。

フジプレミアムリゾート
(スポルシオンっという建物の部屋。ここなら室内&ベッドまでは車イスで行けた。)
あ、写真は、うーちゃんのカメラだった。(^◇^;)> 写真ないや

次の日、最終日の3日目。
ホントなら恵那峡の辺りに1泊しようと思ってたんだけど、うーちゃんの仕事の都合で
400km以上を一気に大阪めざして帰りマス。\(◎o◎)/

河口湖や西湖を一周して、西湖コウモリ穴という看板に惹かれて寄ってみたけど
車椅子は入口すら行けないそうで断念。横のクニマス展示館をちょっと覗いて退散。
どーしてこうも私がそそられるトコロは、私が行けない難所ばかりなんだろうか?(爆)

行きは新名神道、帰りは中央道のルートだったので、遅め(15時半)の昼食に諏訪湖のSAで
お蕎麦(うーちゃんはワカサギ)と揚げパン(めっちゃフワフワで美味しかった!)を食べ、
途中、阿智PAで(16時半から1時間ほど)仮眠を取りつつ、養老SAで遅め(20時頃)の
夕食を取って外へ出ると、うーちゃんが何やらテケテケと歩いて行った。。。

すると、異国の男女2人がヒッチハイクをしてるではないですか!( ゚д゚)

ホワイトボードに書かれた文字は、「京都方面へ」。
我らのデリカ君は、車椅子&荷物いっぱいで乗るスペースなさそうだし。。。
っと逡巡してたけど、滋賀SAまでで良いとのことだったので、
じゃあ乗れそうならということで2人を乗せることに。

車内で話を聞くと、インドネシアから来てる留学生(大学1年と3年)らしく、
福井の方までヒッチハイクで旅行した帰りだそうな。パワフルだね~。( ゚д゚)
大阪のおばちゃんよろしく飴ちゃんあげたんだけど、2個あげたつもりが
1個手から滑って車内に落ちてたのを後から気づいて、
1人分あげられなかったのが悔やまれる。。。(>_<)

そーいえば、もう1人ヒッチハイカーがいて、日本人っぽい大学生で
方向は大阪方面だったんだけど、ヒッチハイクの場所が悪く、
本線に戻る走行レーンの所で、うーちゃんすら合流に気を取られて見えなかったという。
あの子は無事、ヒッチハイクできたのだろーか。(苦笑)

こーして、道中色々ありながらも、今回の旅もドタバタで終わったのでありました。。。

(みか家)帰宅時間、23時半。
うーちゃん、お疲れ様デシタ。<(_ _)> そして、本日お仕事ご苦労様デス(爆)





デリカ君。
2017年05月01日 (月) | 編集 |
名古屋へ車を見に行った4月16日(日)。
あの日から約2週間。。。

4月28日(金)AM10。
我らの車がやってまいりました!ドンドン・パフパフ♪O(≧∇≦)O イエイ!!

いや~、怒涛の購入で、手続きなんかが綱渡り状態で大変だったよ。(;´・`)> ふぅ

車庫証明取るのに、不動産屋さんに何軒か駐車場探してもらうも一向に駐車場オーナーと
連絡が取れず、やっと連絡が取れたと思いきや、どこも「空きがありません」と門前払い。
(後日、うーちゃんの家の前の駐車場オーナーに直接交渉したら借りられたのはナゼ?(・_・))

仕方ないので、うーちゃんちのガレージで車庫証明取ろうと思って大家さんに連絡をと思ったら、
直の仲介不動産屋さんに行くよう促され、行ったら今度はそこの不動産屋さんに
連絡先だけ教えられ、自分で交渉しろと言われ。。。
(ちなみに、直の不動産屋さんに行ったことがなく、統括不動産屋さんのメモを頼りに
行ってみたら、「ここじゃないです。」っと別の場所を教えられ、そこへ行ってみたら
それらしきものはなく、メガネ屋さんに入って道を聞いたら前の場所であってたらしく、
再び訪ねて「電話番号はここらしいんですが・・・」っと1度目も見せたメモを再度見せたら
そこであってたという。。。二往復したんだぜ。(´Д⊂ヽ)

ここで2日ほどロスタイムだというのに、全然先に進まず焦るばかり。

なんとかうーちゃんに連絡付けてもらって、代理で大家さんちに承諾書もらいに行ったんだけど、
これまた10時半という私の絶不調タイムに知らないお宅へ行く&その家だけチャイムが
私の届かない位置にあるという難関ミッションに。(周りのお家は、みんなチャイム届くのに。(´Д⊂ヽ)

連日朝から動いてやっと手に入れた承諾書を片手に警察署へ行くと、
許可が出るまでに一週間かかるという。(´Д⊂ヽ時間がギリギリ

でも、これであとは待つだけだと思ってたら、今度は警察から
「シャッターの(郵便受けの)穴から覗いてもバイクが邪魔で中が見えないからなんとかして」
っと言われ、これまた最大のピンチ!!L(>o<)」 オーマイガーッ

今度はうーちゃんがなんとかし、私がシャッターのカギを開けに行って警察に中を見せ、
ドキドキしながら測量を見守るも、あっさりと終わって翌日予定通りに許可書が発行され、
車の販売店が水曜日に休みだったので確実に木曜日届くよう簡易書留&日付指定で送付完了。

こーして、打ち合わせ通りの28日(金)に車検を通した
我らの車が到着したのでありました。。。

他にも有料道路障害者割引の手続きとか、任意保険の必要事項でナンバーがいるとかで、
いろいろ時間的に綱渡り状態だったんだけどね。なんとかクリアできました。(;´・`)> ふぅ

車が到着した翌日の29日(土)は、父のバーベキューのお手伝いに駆り出され、
車のセッティングが出来たのは昨日の30日(日)のみ。

連日、朝から休みなく働くうーちゃん
20170430_d5_1.jpg


タイヤ交換するうーちゃん
20170430_d5_2.jpg


これから我らの旅のお供をする“うちら、どうでしょう号”、通称デリカ君。よろしくデス。(`・ω・´)b





車。
2017年04月17日 (月) | 編集 |
昨日、中古車を見に名古屋まで行ってきました。(*`・ω・)ゞデシ!!

朝11時に家を出て、帰宅は21時ちょっと過ぎ。
今回も運転ご苦労さまです、うーちゃん。<(_ _)>

色々騒動があって(自分で起こして?)、いろいろ決意した昨日。
不安は大きいけど、今回は本気モード。

肉体的ストレスは増えるかもしれないけど、
精神的ストレスにもう耐えられない。

っと、意味深な言葉を残しつつ、決意表明!(`・ω・´*)o"エイ(`・ω・´*)o"エイ(`・□・´*)ノ"オー!!





桜と野点。
2017年04月11日 (火) | 編集 |
今年も背割堤の桜を見に行ってきました。(*`・ω・)ゞデシ!!

土曜日は雨だったので、お昼から雨も上がって晴れると予報の日曜日の11時過ぎに行ったんだけど、
前回の2時間前に出発したのに駐車場に止めれたのが16時半頃。

前回止めた臨時駐車場が、前日の雨でぬかるんでいて使い物にならなかったのか
閉鎖されてて駐車場難民になったよ。(´・ω・`) 順調に行けたら13時には止めれそうだったのにね。

風邪を押して出かけたうーちゃんもグッタリ。
次の日、仕事できたのだろーか?(苦笑)

結局、今年も出店の物を食べそびれた。o( _ _ )o ショボーン
(それでも唯一残ってた牛串を食べたけど。)

さてさて、そんな激混みの時期の桜はというと、ほとんど散ってた去年とは違い、
満開見頃から数日たったであろう桜吹雪が舞う圧巻の桜。
かなり良いタイミングです。d(゚∀゚*)

出発前にイオンで抹茶を調達し、今年は野点を楽しむことに。
お茶菓子として桜餅を桜舞う中で食べるのは、なかなか風流じゃのぉ。( ̄ ~; ̄*) もぎゅもぎゅ ヾ(-_-;) オイ

しかし、バーナーの火は暖かかった。( ( ´o`)ロ <(ホ)(爆)

うーちゃんの風邪もさることながら、私も副鼻腔炎が治りきってなかったので、
早めに撤収。18時半で日も落ちてきて寒かったしね。(結局、曇りだった。(-_-;))

帰りは、20時頃にイオンに着いたのでご飯を食べて、
21時半にはお家へ。

今回は、駐車場を求めてグルグルしたので(交通規制で直進できなかったりで)
ほとんどドライブ状態だったけど、私はそれでもちょっと楽しかったり。

うーちゃんは。。。お疲れ様デシタ。<(_ _)>(苦笑)





燃える若草山。
2017年01月29日 (日) | 編集 |
うーちゃんが見たいと言ってた若草山の山焼き。
3年目にして実現しました。(*`・ω・)ゞ 昨日行ってきたデシ!!

1年目、2年目と毎年忘れて、気づいたら終わってたんだよね~。 ( ゜┌・・ ゜) ホジホジ♪

で、ちょうど平城京跡地でイベントも開催(特に出店)されてると小耳に挟んで、
駐車場も広いことだし、そこから眺める若草山の山焼きも「通」のスポットらしいし、
ちょうどいいかと思って行ったら。。。

駐車場ぶっ壊しててなかった。(T▽T)

出店で駐車場が使われてるのかと思ったけど、そーじゃなくて、
どうも他の建造物も復元するために整備しているっぽい。

駐車場なかったら見に行かないと思うぞ。(-_-)

仕方ないので私の悪知恵にうーちゃんを無理やり従わせ(?)
ゴニョゴニョで駐車完了。
(ちゃんと帰りに、タライと洗濯籠とカイロと靴下買ったから許してもらおう(苦笑))

そこからテクテク平城京へ行くと、すでにあったかもんグランプリ(出店)が始まってた!
16時からだと思ってた(パンフに載ってた)んだけど、違ったみたい。f(^^;)

で、目ぼしいものを食べて(汁物&野菜が多かった(T▽T))、
舞台にちょっと目をやりながら平城京の建物に入り(2度目だね)
前と変わりないことを確認して(笑)、平城京を後にし。。。

てか、平城京の建物内が若草山の山焼き見るのにベストポジションだぞ。
・・・閉館時間がなければね。(爆)

うーちゃんのご希望で、山焼きが大迫力で見られるらしい
若草山の麓まで行くことに。

車を別の駐車場に止めるべく奈良公園まで走らせたけど、
どこも駐車場が満車。

前回お世話になったおっちゃんの駐車場に賭けよう。(; ̄_ ̄)9

っと行ったら、既にそこは満車でおっちゃんの姿なし。
その向かいの駐車場がキー預かり形式でギュウギュウだったけど
止めさせてくれるとのことで、今回はそこに駐車。(ちょっとお高め)

東大寺へ向かうと、この間鹿にドングリあげに行ったときには
全く出てなかった屋台が今回は通りにも出てて、
あったかもんグランプリで野菜ばっかりだった体が肉を求め屋台に突撃!

いあ~、出店って素敵ね☆ (*´Д`)

さて、肝心の山焼き。
道中、公園や東大寺周辺にも鹿の姿が全く見えなくて、
どこに隠れてるんだろうってぐらい見えない。(冬眠って言えば騙されるぐらい(笑))
そんな普段とは違う空気を感じながら若草山の麓へ向かいマス。

18時ごろに東大寺前から二月堂方面へテクテク歩いて行ったんだけど、
それほど人もいず、同じ方向へ歩く人はまばら。

「そんなに見に来る人いないのかな?」
と思いつつ向かっていると、難所に出くわした!

階段の脇が車椅子ギリギリ幅の平らなところアリ。しかも滑るツルツルの石。
(けしてスロープではありません。(>_<) 階段急だし!)

行きはよいよい帰りは恐い~♪
って歌ってる場合ではないですよ。(-_-;)
行きは上りだからトルクが利くけど、帰りは降りるから滑ってブレーキ利かないし!

まぁ、それでも行ったけどさ。(=_=)
帰りのことは強制的に今は忘れ、とりあえず楽しもう。(=_=)うん

っと麓に近づくと、人だかりが。
すると、ドーンと花火が上がり出した!
これ以上進むのは無理と判断し、通路沿いの
一段高くなってる駐車場に退避して、そこから鑑賞することに。

目の前で上がる花火は、頭上に振りかからんばかりの大迫力で、
しかも振動が心臓にまで響いて、前に見に行った花火とはスケールが違った!

ちなみに、鹿の形の花火も上がって、「うーちゃん鹿だよ!」って言ってるのに、
うーちゃん映像撮るのに夢中で聞いてくれないし。(。-ˇ.ˇ-。)

花火に気を取られていると、いつの間にか山に火がつけられ、
いよいよメインの若草山の山焼きデス。(`・ω・´)

山の裾野から火が頂上へ向かうように焼かれていき、巨大焚火のよう。
うーちゃんは“燃やし隊”として、ますます夢中デス。(笑)

っと見ていると、なんだかフワフワ・ヒラヒラと舞い降りるものが。
なんと、草の燃えカスが雪のように降ってきてる!!

帰りには、頭も服の上も膝掛も燃え草だらけ。へ(´o`)へ  トホホ

降りしきる灰の中見ていると、山焼きの輪が頂上付近まで行って小さくなっていき、
それを囲むように小さな炎が点在している。たぶん、松明を持った人が火を監視してるんだろうね。

そうこうしていると、もう山焼きに満足した人たちが岐路へ向かいだしてきた。
まだ終わってないんだけどね。(^^;)

駐車場の前を行く人たちの波が大きくなり、次第に前に進めなくなるほどの大混雑に。
「え、こんなにたくさん人が上(山の麓)にいたの?!( ̄∇ ̄; !!」

しきりに警備員さんが「右側通行で!止まらないで!」と言ってるけど、注意に従う人なし。
うん、顔は日本人のようだけど、日本語分かってない人たちですよー。
せめて英語で言わないと。(・ε・)(苦笑)

ほどなくして人がまばらになった頃、我らも撤収へ。
そして、あの難所が待っている。( ゚∀゚)・∵. グハッ!!(爆)

なんとか生還しました!隊長!(≧д≦)ゞ

山の夜道は。。。行きはよいよい帰りは恐い~

けど、怖いながらも行って楽しかったデス♪(*`・ω・)ゞデシ!!