みかの日常で起こった、あんなコト・こんなコト。。。 日記で面白く、トキドキ過激に(?)お届けしマス♪ さぁ、今日はどんなコトあるかな? 今日も着ぐるみ脱いで 暴走中☆

同時進行。
2006年06月26日 (月) | 編集 |

'00.12/18(月) トラブル発生

【車イス】

10/16に発注したが、購入する予定だった車イスがモデルチェンジした。(V100という機種)
まだ発売されてないが、一足早くモデルチェンジしたP200と同型のコントロール
BOXを使用している。これ(コントロールBOX)には、多くのクレームがあり、また
(床からの)座面高もV100は高くなるとのことから発注を見合わせていた。

このタイプしか良いのがないので(コントロールBOXの良品が当たることを祈って)OKする。

メンテナンスは、迅速に対応してもらうことを約束。




セレナさんを作るにあたって、運転装置(両手で操作する手動装置からJOY装置へ)の変更
と共にもう1つ重要であったのが、“車イスのままで運転すること”であった。

免許を取りに行ったときも、運転席への移乗可能は絶対条件だったので、
なんとか乗り移っていたが、普通車だったので(電動)車イスはそこへ
乗り捨てで教習し、再びそこへ帰って来て車イスへ移るという、「実際
運転しだしたら、どーすんのん?」っという状況だった。

めでたく免許取得をし、セレナちゃん(赤)を購入したときに1番の問題だったのは、
“どーやって電動車イスを車に積んで運転席へ座るか”だった。

結局、後ろの席を全て(助手席後ろに補助シート残す)取ってしまい、
バックドアからリフトで上がり、運転席後ろに車イスを止め、あらかじめ
倒しておいた運転席の背中のシート(座席までフラットにしておく)の上を
ズリズリと移動して乗り移ることにしたのだが。。。

乗り移りに片道30分以上もかかってしまい、席に着いたときには体力を
消耗してる状態で、とてもじゃないが運転どころではなかったのだ。

“運転するのは、誰かが席に抱っこして乗せてくれるときだけ・・・”
こーして、ペーパードライバーまっしぐらとなっていた。

こんな経緯から、“車イスのまま乗り、運転できる”は重要事項だったのである。


さて、その車イスの方だが、それまでは日本車に乗っていたので
同じ車イスでも良いと思っていたのだが、車で乗るためには衝突時の
G(重力加速)にも耐えれるだけの強度がないと許可が下りないらしく、
既に許可が下りていた“クイッキー”という外車の車イス(フレーム強度が強い)が
候補となった。その中でも機種がいろいろあり、乗り比べもして決定したが、
上記のような展開なってしまった。

機械運のない私。
しかし、更に機械運のなさが露呈するのは、もう少し先の話である。。。
関連記事

コメント
*Comment  Thank you*
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する