みかの日常で起こった、あんなコト・こんなコト。。。 日記で面白く、トキドキ過激に(?)お届けしマス♪ さぁ、今日はどんなコトあるかな? 今日も着ぐるみ脱いで 暴走中☆

大阪名物 【 オチ 】 付き(?)日記を更新中!                    日記を読んで、「お。なんか面白いヤツやん!」  「フィーリングあいそう♪」っと思ってくれた、そこのアナタ!  コメントボタンをポチッとな♪             車好き・バイク好き・機械好き・変わったもの好き(?!)な人、大歓迎デス☆ d(-_☆) キラーン                 そして只今、LINEスタンプ販売中!             【ほんわか棒人間】 スタンプID:125133              記事が参考になったよ!っと思った人は、ココを σ・・)o ≡o( *)σ☆|ぽちっとなっ♪(見るだけでも、どぞ☆)                これで、うまい棒いっぱい食べられるといいな。~( ̄∇ ̄)~ほえほえ~♪

パソコン起動が遅いと感じたら。
2012年05月15日 (火) | 編集 |
パソコン起動に時間がかかるなぁ~っと思ったら、
もしかしたら、それは常駐がいっぱいなのかもしれません。

いきなり、こんばんは。∠( ̄∧ ̄) みかデス

今日は、パソコンONと同時に起動される、スタートアップの項目についてのお話をしませう。
てか、私ようのメモだったりなかったりだったりする。(爆)

スタートアップの項目とは、パソコンONと同時に起動され、タスクトレイもしくは、
バックグラウンドで(見た目わかんないけど後ろで)動いているソフトやプログラムなどのこと。

[スタートアップ] フォルダ(“スタートボタン”を押して、“すべてのプログラム”で表示される)に
登録されているプログラム以外にも 、[システム構成ユーティリティ] で設定され、
バックグラウンドで起動する特殊なプログラムがあって、これがたくさん動いてると、
パソコンの起動が遅くなったり、動きが重くなったりしマス。(* ̄  ̄)b 

そこで、普段必要のない項目をスタートアップから消してしまいませう。

あ、一応、これらをやるにあたっては、自己責任でお願いしマス。<(_ _)>
(間違って大事なの消すと、パソコン自体が起動できなくなるから注意してね。(^^;))


まず、

(1) [スタート] をクリックし、メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択。

msconfig1.png



(2) [ファイル名を指定して実行] ウィンドウに [ msconfig ] と入力し [OK] をクリック。

msconfig2.png



(3) [システム構成ユーティリティー] ウィンドウの [スタートアップ] タブを選択。

msconfig3.png



(4) パソコンONと同時に起動させたくないプログラムのチェックを [スタートアップ] 項目から外す。

( 一覧に表示された同時起動プログラムの中には、パソコンの動作に不可欠なプログラムも含まれて
います。間違ってチェックを外すとパソコン自体が起動しなくなることもあるので、設定に注意しましょう。)

msconfig5.png


* チェックを外してはいけない項目の例

● [imjpmig]

● [TINTSETP] (×2項目)

● [ctfmon]

● コマンドの表示が [C:¥WINDOWS¥system32...] のもの


* 不要であればチェックを外しても構わない項目の例

● [qttask] ・・・ QuickTime 関連

● [realsched] ・・・ RealPlayer 関連

● [Reader] ・・・ AdobeReader 関連 ... など


(5) [OK] をクリック。



(6) [システム構成] ウィンドウが表示され "再起動する必要があります" のメッセージが表示されたら
[再起動]をクリック。

msconfig6.gif



(7) 再起動後 [システム構成ユーティリティー] ウィンドウが表示されたら "Windows の開始時に
このメッセージを表示しない" にチェックを入れ [OK] をクリック。

msconfig4.jpg



これで、作業終了!
なのですが。。。




じゃあ、このスタートアップの項目の何を消して何を消したらダメなのか、ってのが問題になってくるよね?

そこで、まず、この参考画像をご覧下さい。

msconfig7.png

この、赤で囲っている枠(コマンド)に注目デス。( ロ_ロ)ゞ

手順(4) にもあるように、コマンドの表示が [C:¥WINDOWS¥system32...] となってるのは消しちゃダメ。
画像で、赤線引いてるところね。[system]てのは、システムだからパソコン自体の動作にかかわるもの
なので、この表示がある項目は、消さないようにしませう。

ちなみに、緑の線を引いてるところを見ると、[IME]と書いてあって、
これは、文字入力ソフトIMEのことだと分かります。

こんなカンジで、コマンドの表示で確認してみましょう。

で、どーしても分かんない場合は、パソコンで検索してみませう。(爆)

っと、ここで、私的メモ。___ψ(‥ ) メモメモ


● 私がチェックを付けたままの項目

IMJPMIG → [IME]のシステム
TINTSETP(SYNC)  → [IME]のシステム
TINTSETP(IMEName) → [IME]のシステム
Language → DVDプレーヤー[Power DVD]のプログラム
NeroCheck → ライテインングソフト[Nero]のプログラム。消してもいいけどつけてる。
NBHGui → ライテインングソフト[Nero]のアプリ
InCD → ライテインングソフト[Nero]のアプリ
vsnp2std → Sonix社が提供しているWebカメラ関連のアプリ
NvCpl → [NVIDIA]のグラフィックカード。コマンドでnvcpl.dllだったらいいが、nvcpl.exeだとウイルス。
nwiz → [NVIDIA]のグラフィックカードのドライバ関連
RunDLL32 → Windows Xp のコマンド用共通プログラム。
       この名を借りたウイルスもあるが、ウイルス対策ソフトで検出反応なければ正規のシステム。
IMJPKLMG → [IME]のシステム
IMJPMIG → [IME]のシステム
avgtray → ウイルス対策ソフト[AVG]
jusched → Javaの自動更新プロセス
RTHDCPL →  Realtekオーディオ コントロールパネルのプログラム。タスクバーに表示される。
ctfmon → 音声/手書き認識などの拡張サービス。
      言語バーはこの機能の一部なので消すとバーが出なくなる。
Dropbox → ファイル共有ソフト[Dropbox]の常駐
KeyMousere.exe → タッチパッド(マウス)の左右ボタンをキーボードキーに割り当てるソフト


● 私がチェックを外してる項目

AdobeARM → Adobe ReaderとAcrobat関連のソフトの自動更新プログラム
apdproxy → Adobe Photoshopのソフト
ALCMTR → Realtekオーディオをインストールすると付いてくるスパイウェア。要注意!
      ファイルパス[C:\WINDOWS\ALCMTR.EXE] ←ここに入ってるので、削除してもいいらしい。
APSDaemon → iTunesのiCloudのプッシュ通知をするもの。iTunes固まるほど激重。
DivXUpdate → DivX Plus Playerの自動アップデート。これも激重。
EEventManager → Epsonのスキャナ関連のプログラム。(私的にエラー吐くので停止している)
GoogleUpdate → Google製品のアップデート情報をチェックして通知するためのプログラム
iTuneshelper → iPhoneが接続されたかを常時監視する。iTunes起動したらいいだけなので消す。激重。
LWS → Logicool ウェブカメラ ソフトウェア。Logicoolウェブカメラ ヘルプが常時タスクバーに出る。
qttask → QuickTime 要注意!
SyncwithSchedule → I-O DATA のSync with(同期)ソフト
realsched → RealPlayer(リアルプレイヤーの製品をチェックするためのプロセス) 要注意!
veohwebplayer → Veohプレーヤー



さて、これでチェックを外したものは起動しないと思いきや、実はコレだけではダメで
復活してしまうソンビのような項目がありマス。

それは、主に[realsched]と[qttask]。
これは、チェックを外す前の操作が必要で、まずソフトの設定から変更しマス。

ってことで、以下、これらを完全に復活させない方法を引用で、どぞ。(爆)
※レジストリの書き換えは危険なので、自信のない人はやめておきましょう。
自己責任でお願いしますね。


1. 音楽映像再生ソフトの自動処理プログラムの無効化

[realsched]

まずは悪名高いRealPlayerの自動処理プログラムを完全に無効化します。ちなみにこの常駐プログラムは、ファイルやレジストリの削除だけではいつの間にかしつこく復活してしまうらしいので、本体で自動処理を止めておくことが重要です。

RealPlayerを立ち上げ、メニューの「ツール」⇒「環境設定」⇒「自動サービス」⇒「オートアップデート」の「重要なアップデートを自動的にダウンロードおよびインストールする」のチェックを外します。

次にシステム構成ユーティリティのスタートアップから外します。 「スタート」⇒「ファイル名を指定して実行」に「msconfig」と入れてシステム構成ユーティリティを開き、「スタートアップ」タブの「realsched」のチェックを外します。

続いて、問題の「realsched.exe」を削除します。これは常に稼働していて通常モードでは削除できないため、セーフモードで再起動します。そしてディレクトリ"C:\Program Files\Common Files\Real\Update_OB"を開き、その中にある「realsched.exe」を削除します。(プレーヤー自体を削除するわけではないので安心してください)

セーフモードのままレジストリも削除します。「スタート」⇒「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と入れてレジストリを開き、"HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run"の中にある「realsched.exe」を削除します。終わったら通常モードで再起動。

☆これでタスクマネジャーから「realsched.exe」が消えます。

--------------------------

[qttask]

次はQuickTimeです。この「qttask.exe」とやらもかなりしつこいクセモノで、私は以前、msconfigのスタートアップから何度もチェックを外したのに毎回ゾンビのように復活し、なんなのーこれーと思いつつもあきらめた、という経験があります。これもやはり本体の設定を変更していなかったことや、ファイル自体を無効化していなかったからのようです。

まずはQuickTimeを立ち上げ、メニューの「編集」⇒「設定」⇒「QuickTime設定」⇒「更新」タブの「自動的に更新を確認」のチェックを外します。続いて「ファイルの種類」タブの「関連付けが変更されていたら知らせる」と、「詳細」タブの「システムトレイにQuickTimeアイコンを入れる」のチェックも外します。

次に「qttask.exe」をダイレクトに無効にします。ディレクトリ"C:\Program Files\QuickTime"を開き、すぐ下にある「QTTask」のファイル名を変更します。(私は「disable_QTTask」にしました) 拡張子が表示されている場合は、「.exe」を消さないように注意してください。

最後に、システム構成ユーティリティのスタートアップから外します。(私が前に失敗した処理です) 「スタート」⇒「ファイル名を指定して実行」に「msconfig」と入れてシステム構成ユーティリティを開き、「スタートアップ」タブの中の「qttask」のチェックを外します。今回はめでたく復活しませんでした。

☆これでタスクマネジャーから「qttask.exe」が消えます。

--------------------------

[wmpnscfg.exe] [MsPMSPSv.exe] [WMPNetwk.exe]

Windows Media Playerの常駐を解除します。こちらもRealPalyerなどと同様に、まずは本体の設定を変更しておきます。Windows Media Playerを立ち上げ、メニュー(出ていなければAltを押す)の「ツール 」⇒「オプション」⇒「ライブラリ 」⇒「共有の構成 」の「メディアを共有する」のチェックを外します。

次にサービスを無効・停止にします。「スタート」⇒「マイコンピュータ」を右クリック⇒「管理」⇒「サービスとアプリケーション」⇒「サービス」を開き、リストの中から「Windows Media Player Network Sharing Service」を探し、右クリックしてプロパティを開き、スタートアップの種類を「無効」にします。次に「WMDM PMSP Service」を探して右クリックし、スタートアップの種類を「手動」に、サービスの状態を「停止」に変更します。

最後にレジストリの処理です。「スタート」⇒「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と入れてレジストリを開き、"HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\MediaPlayer\Preferences\HME"の中にある「DisableBrowse」をダブルクリックして開き、値のデータを「2」に変更します。

☆これでタスクマネジャーから「wmpnscfg.exe」、「MsPMSPSv.exe」、「WMPNetwk.exe」が消えます。







これで、設定終了デス。
起動してみて、軽くなったかな?

もし、ここに書かれているもの以外にも自分のパソコンに項目があれば、検索で調べて確認してね。

くれぐれも大事なプログラムのチェックを外さないように!
先生とのお約束だぞ。(* ̄  ̄)b “(--;)ウン(笑)
関連記事

コメント
*Comment  Thank you*
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する