みかの日常で起こった、あんなコト・こんなコト。。。 日記で面白く、トキドキ過激に(?)お届けしマス♪ さぁ、今日はどんなコトあるかな? 今日も着ぐるみ脱いで 暴走中☆

大阪名物 【 オチ 】 付き(?)日記を更新中!                    日記を読んで、「お。なんか面白いヤツやん!」  「フィーリングあいそう♪」っと思ってくれた、そこのアナタ!  コメントボタンをポチッとな♪             車好き・バイク好き・機械好き・変わったもの好き(?!)な人、大歓迎デス☆ d(-_☆) キラーン                 そして只今、LINEスタンプ販売中!             【ほんわか棒人間】 スタンプID:125133              記事が参考になったよ!っと思った人は、ココを σ・・)o ≡o( *)σ☆|ぽちっとなっ♪(見るだけでも、どぞ☆)                これで、うまい棒いっぱい食べられるといいな。~( ̄∇ ̄)~ほえほえ~♪

サスペンス劇場「訪問者」。
2005年07月09日 (土) | 編集 |
いつもの時間に目が覚めた私は、いつものように電話の内線でコールした。
“トゥルルルル~”

いつもなら、すぐに来てくれる父が来ない。
「あれ?トイレでも入ってんのかな?」

そー思ってしばらく待っていたが、15分以上経っても来る様子がなく、
1階の気配をうかがっても物音すら聞こえない。。。
「まさか、倒れてるってことはないよね?(^^;)」

少し心配になった私は、障害物になってる布団を巴投げし(実際は、少しずつ手繰り寄せて
ベッドの下に落とすのだが、落としたあとの状態を見ると巴投げしたように見えるので、こう言われる)
車イスに乗り移り、エレベーターで1階へ。

そこは電気も消え、まだ雨戸も閉めたままの状態。
「父さん?」っと声をかけてみても、返事はなし。

そこでハタと思いついて玄関の靴を見てみると。。。
「あ、シューズがないや。(^^;)まだ、散歩から帰ってきてないのかな?」

っと、一応ホッとしたものの、念のためトイレを開けて確認し、3階へも行って父の部屋を確認。
「うん、いないね。」

今日は、やけに帰りが遅いなと思いつつ、私はまた自室に戻り、ベッドへ倒れこみ。。。
「帰ってくるまで、もー少し寝てよっと。」

少しウトウトしだした頃、家のチャイムが鳴る。“ピーンポーン”
「セールスだろーな。ほっとこ(無視してよう)。」

再びチャイムが鳴り、今度は男の人の声が。
「※☆□さーん!」

ハッキリ聞き取れなかったものの、「奥さーん!」っと言ってると思った私は、
「奥さんは、おらん。(-.-)」っと心で答え、再び無視。

そーすると、今度は「※☆□さーん!」っと言いながら玄関を開けるような音が。
「父さん、鍵かけて出かけてるはずだから、大丈夫だよね。たぶん。。。え。。。かけてるのか?」

だんだん不安になったものの、起きるのも面倒。
しばし葛藤してたら、今度は玄関が開けられ、覗き込まれてるような音が。
「え?(o;TωT)o"ビクッ」

あれよあれよと思う間に、玄関ドアが開き、玄関内に靴音が!!
「ゲッ!Σ( ̄ロ ̄lll)」 

そして、次には室内のドアを開ける音!!
「ヤバイ!物色されてるかも!! 次は階段を上がってきてこっちにくるかも?!
こんなベッドの上じゃあ、戦えない!!せめて、武器(電動車イス(笑))を!!」

っと、慌てながらも、これ以上ないというぐらいのスピードで車イスに飛び乗り、
ドキドキしながらもエレベーター(ちゃんと前進で出れるようバックで乗り込み)で1階へ。。。
「物色してたらどーしよー。(o;TωT)o"ビクビク 車イスで体当たり。。。するか?」

エレベーターが1階へ到着しドアが開いてダッシュで飛び出すと。。。
玄関に父がいた。(・o・)(爆)

で、今までの経緯を話すと、「隣に業者らしき人が来てたわ。あっちの声と
(みかが)間違ったんちゃうか?」と。
いや、間違ってない。うちにも来た。o(>_<)o
「けど、鍵かけてるから大丈夫や。」
そうか、よかった。(>_<)

結局、訪問者はアヤシイ業者風の人だったらしいが、全ての物音は父だったわけで。。。
けど、怖かったよぉ~。(T▽T)

しかし、一人でお留守番だと、オチオチ寝てもいられんなぁ~。
って。。。寝すぎか、私。(^^ゞ(笑)
関連記事

コメント
*Comment  Thank you*
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック