みかの日常で起こった、あんなコト・こんなコト。。。 日記で面白く、トキドキ過激に(?)お届けしマス♪ さぁ、今日はどんなコトあるかな? 今日も着ぐるみ脱いで 暴走中☆

大阪名物 【 オチ 】 付き(?)日記を更新中!                    日記を読んで、「お。なんか面白いヤツやん!」  「フィーリングあいそう♪」っと思ってくれた、そこのアナタ!  コメントボタンをポチッとな♪             車好き・バイク好き・機械好き・変わったもの好き(?!)な人、大歓迎デス☆ d(-_☆) キラーン                 そして只今、LINEスタンプ販売中!             【ほんわか棒人間】 スタンプID:125133              記事が参考になったよ!っと思った人は、ココを σ・・)o ≡o( *)σ☆|ぽちっとなっ♪(見るだけでも、どぞ☆)                これで、うまい棒いっぱい食べられるといいな。~( ̄∇ ̄)~ほえほえ~♪

譲り合いましょう。
2005年11月25日 (金) | 編集 |
今日の帰り道での話し。

とある歩道の、とある一角。
ヒジョーに狭くなっていて一人しか通れない場所がある。

私がそこへ差し掛かかる前に前方を見ると、自転車が数台連なって来ていたので、
そこの場所では誰もがそうするように、相手が先に通るのを少し手前で待っていた。

婦人の自転車が「すみません」の言葉を残して通り過ぎ、そのあとに少し遅れて
少年野球帰りの男の子達が「すみません!」「ありがとうございます!」っと爽やかな
挨拶をして次々に通り過ぎる中、私の遥か(?)後方で自転車のベルの音が微かに聞こえてきた。

『ん?通り過ぎた自転車が、後ろで人か何かを避けるために鳴らしてるのかな?』

っと思っていたら、私の後ろに自転車が来た音が聞こえる。

『私にどけってこと?でも、まだ前から自転車来てるし、それはないわな。(^^;)』
っと思ったら、後ろから私の横をすり抜け、おじいちゃんが突っ込んで行った!

まだ前から自転車来てるがな!ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓

あと1人通り過ぎたら終わりだったのに、その1人の野球少年が私に「すみません」っと
言い終わらないうちに、おじいちゃんが突っ込んで行った形になって、双方寸止めで停止。

おじいちゃんは私の真横で止まり、フリーズ状態で。。。
って、じーちゃん、どっちか動いたらんかいっ!(`Д´メ)

だってさ、私の前には少しスペースがあるけどその先は狭い道に差し掛かるし、私が前に行ったところで、
このおじいちゃん私を押しのけて前に行くやろーし。
てか、おじいちゃんの方が鼻先少し前におるからなぁ~。(-_-;)

けど、おじいちゃん、前(少年)を見据えたまま何もしゃべらず、動かず状態。
少年が道を譲るため抜けようと思うと、おじいちゃんと私の間を通らなきゃ行けないわけで。。。

仕方ないから、気持ちだけ私が頭振って幅寄せして、スペース空けましたよ。(-_-;)

その少年、「すみません」っておじいちゃんにも言って、若干後ろにいた私にも
通りしなに「すみません」っていうから、可哀相になって「いいえ。気をつけてね。(^^;)」
って気の毒そうに言ってしまった。。。

けど、今日はマジで「じーちゃん!(`Д´メ)」って声が出そうになっちまっただよ。
いや、ホンマに言ってやればよかったか?(-_-;)

そのあと、そこを通り抜けると道は上り坂に差し掛かり、案の定あのおじいちゃんは
自転車を降りて押し歩きになった。
もちろん、そーなれば私の方が早いので、抜きにかかり。。。

後方、自転車なし。
前方、歩行者ありだか、抜いたあとに避けれるだろう。
さぁ、抜くぞ。。。えーい、チリンチリン鳴らしたろか、じーちゃんめ。(-.-")(爆)

そーして抜けたと同時におじいちゃんの前に出て、前方から来る歩行者を避けようと思ったら、
その歩行者に道を譲られた。。。

しかも、横へ寄って、手で“お姫様ど~ぞ”ってな合図付きで。
。。。(* ̄∇ ̄*)エヘッ(笑)

その人は、トキドキ帰り道で会う、小さめのスーツケースを引っ張ってツナギの服を着ている
30代後半から40代と思しき。。。おっちゃんでした。(・o・)

いや、すまん!
風貌から、どーしても「お兄ちゃん」とは言いづらいのよ。(;^_^ A フキフキ(笑)

けど、いつも親切なのだ。
そして、あの細い道で会うこともあって私が待ってたりしたこともあるけど、いつも
小走りで通り抜けて「ありがとう!」と親しげに挨拶をする人なのだ。
そう、いい人なのだ。( ̄  ̄) (_ _)うんうん

やっぱり、譲って・譲られて、そして「ありがとう」「どういたしまして」って言えるのが
素敵な人だよね♪(⌒-⌒)
関連記事

コメント
*Comment  Thank you*
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する