みかの日常で起こった、あんなコト・こんなコト。。。 日記で面白く、トキドキ過激に(?)お届けしマス♪ さぁ、今日はどんなコトあるかな? 今日も着ぐるみ脱いで 暴走中☆

大阪名物 【 オチ 】 付き(?)日記を更新中!                    日記を読んで、「お。なんか面白いヤツやん!」  「フィーリングあいそう♪」っと思ってくれた、そこのアナタ!  コメントボタンをポチッとな♪             車好き・バイク好き・機械好き・変わったもの好き(?!)な人、大歓迎デス☆ d(-_☆) キラーン                 そして只今、LINEスタンプ販売中!             【ほんわか棒人間】 スタンプID:125133              記事が参考になったよ!っと思った人は、ココを σ・・)o ≡o( *)σ☆|ぽちっとなっ♪(見るだけでも、どぞ☆)                これで、うまい棒いっぱい食べられるといいな。~( ̄∇ ̄)~ほえほえ~♪

アイディアを求めて。
2016年11月08日 (火) | 編集 |
今週1週間、仕事を休んでいる みかデス。∠( ̄∧ ̄) まいど

えー、昨日お店をウロウロして探したグッズについて、
もしかしたら私のようにネットをさまよって探してる人の
参考になるかもしれないということで書いてみようかと。

あと、私もまだ探してるの(やり方とかグッズとか)があるので、
誰か良いアイディアを授けてくれはしまいかと、
あわよくばを狙ってみたり。(・o・)(笑)

さて、この先は、まいどの皆様は慣れっこで大丈夫かもしれませんが、
いつもの正統派・下ネタ(?!)満載(写真含む)ですので、
イヤな人は回れ右してたもれ。(・ё・) 念のため気遣ってみた(笑)

んっと、まず私の現在の状況として、採尿バッグが外れて
パック付き体から解放され、導尿(留置)されてる管の先に栓をして
時間ごと&尿意をもよおしたら栓を開放しておしっこを出してマス。

パックが無くなったっただけでも、かなり体が解放的だ。(*´Д`) 足元邪魔じゃないし

で、こんなカンジ↓。

20161108_DIB.jpg

この青いキャップを開け閉めして、尿を開放しマス。
前の黄色いキャップは自分では絶対できないので、自分で探して購入した
このキャップをお試しで使ってみました。

意外と自分で開け閉めは出来るっぽい。╭( ・ㅂ・)و ̑̑

ちなみに、このキャップは医者も知らない人が多いらしく、
見せると、「こんなのあるんだ。」てなカンジ。

このキャップの名前は、DIBキャップ。

20161108_DIB3.jpg


構造は、ケチャップの蓋のようなキャップの内側に磁石が入ってて、
それだけでしっかり留まるけど、安全のために摘みに付いたスリットにポッチリを
はめて固定しておくというもの。(私は、片手じゃムリで両手使うけどねー。(。-д-。))

20161108_DIB2.png

ポッチリをカチッとスリットに嵌めるのが大変だけど、
手が上手く動けば、なんとか自分で出来た。
(出来ないときもあったけど、服なんかに引っかかりさえしなければ、
最悪しなくても漏れはしない。)

まぁ、ここまではオッケー。
けど、今までパックのチューブの長さの分、トイレまでの距離を稼げてたので、
そのままトイレにコックを開いて流せてたのが、今度はそうもいかない。
トイレに座ったとしても、太ももが邪魔で直接トイレを狙えない。

( ̄(エ) ̄)ゞ クマッタ

そこで考えたのが尿瓶。だけど、ちょっと大層だ。
なにか良いのないかなぁ~?(ー'`ー;) ウーン

っとネットで調べてみたら、計量カップを使ってる人を発見! 頭いい!(☆。☆)キラーン!!

ってことで、百均(セリア)に行ってみると、1000mlの計量カップがあったので、
これをお買い上げ♪(忘れてると700mlは溜まってしまう体なので。(爆))

20161107_keiryoucup.jpg

おしっこの量もはかれるし、使用感はバッチリ!
ただ、これをお出かけのトキに持って行くのは、大きさ的にちょっとなー。(。-ˇ.ˇ-。)

ペットボトルだと、閉栓キャップを開け閉めするストローク分の広さがないから
おしっこが上手く入れられないし、漏斗を使うと荷物が増える&セットして支える手がないし。。。

希望としては、

・受け口が広め。(キャップの開け閉めも中で行えるぐらい)
・700ml以上入る。(希望は1000ml)
・軽い&コンパクト。
・本体を置いて自立できる。(ビニールだと置いたらこぼれるから)

あとは、職場で自分一人でしなきゃいけないときに、キャップの開け閉めで
両手が塞がってるので、どーやって容器を支えるか。。。

一部の畳める水筒(←クリックしたらAmazonに飛んで見れるよ)とか見たらイケそうなんだけど、
他にもいいのないかな~?とか思ってみたり。

みなさん、お時間あれば、お知恵拝借できればアリガタヤ~。(* ̄人 ̄)

もうちょっと私も考えてみますかね。s(・`ヘ´・;)ゞ





戻る?
2016年11月05日 (土) | 編集 |
久しぶりに、どもデス。∠( ̄∧ ̄) シャバに戻ってきたぜ(笑)

えー、10月25日から1週間の予定の入院でしたが、
途中で延長して、昨日退院してきました。

いあ~、入院生活は、ある意味 地獄じゃった。(+_+)

お風呂にまともに入れないし(介護してくれるけど、洗い方が悲惨(泣))、
1週間目で風邪引くし(看護師が患者に風邪を伝染させてる&病室が暑くて乾燥しすぎてる)、
他の患者さん(おばあちゃん)への職員の対応が見てていたたまれないし(自分の未来を見てるようだ)、
「私のライフは、もうゼロよ!」てなカンジでした。(苦笑)

楽しみにしてた食事は、「選択メニューって、どれ?」ってカンジで全くなし。
(朝食のパンorごはんが選択か?!)
そして、どれもマズい!(>_<)
どーゆー味付けしたらこんな味になるんだ!o(>_<)o

っと、やせ細ってしまいました。(┐ ̄  ̄┌)ゲソ~~
(だから風邪引いたのか?!)

さて、肝心な体の方ですが。。。

ん、ダメだったよ。(・o・)

なんかね、最初は、自尿できないものの、だんだん尿意が強く戻ってきたと
思ったんだけど(だから延長した)、尿は溜まってるのに尿意がない時があって、
『あ、尿量と尿意が比例してない。』っと気付いて、しかも、導尿時に出の勢いを尋ねてたら、
したい時は勢いあるのに、尿意がない時はポタポタしか出ない(だけど、お腹を押すと勢いよく出る)。
でも、どちらも溜まってる量は同じ。

つまり、腹圧がない時があるということでは?!

よく観察してみると、感じるのはお昼で、朝と夜は感じにくいっぽい。
これじゃあ、難しいね。

で、入院当日から27.8℃でビックリするラインから平常(?)の微熱ライン、
そして大台の38度台まで乱高下したことと、(500mlならまだしも)700mlまで尿を溜めたことで
11月2日にパック付き留置バルーンカテーテルに逆戻り。

熱は→ 血液・尿検査で感染なし。
室温と服装でうつ熱(ナースがこの言葉を知らなかった!)だとDr.に自己申告したが聞き入れられず。

700mlの尿は→尿量と尿意が比例すると思って頑張ってしまった。かなり無理した。
それ以外は、ナースを呼んだけど導尿に1時間近く待たされたことが原因。
頑張ってしまったところだけ自己申告したが、Dr.聞く耳なし。

で、パック付き。(-"-)
しかも、昼間は閉栓で行きたい時だけ開放でもいいけど、夜間は絶対パックと言われ、

みか:「パックがあると管で寝返りが打てないので眠れないんです。寝返り打たないと体が痛くなるので。」
Dr.:「寝返りなんて、寝たらそんなに頻繁に打たないでしょ?」
みか:「いえ、頻繁に打つんです。」
Dr.:「でも、夜間の方が尿量が溜まりやすいからね。溜まりすぎるのがよくないし。」
みか:「溜まっても500mlいかないぐらいです。ここに来て(入院)してからは、朝100ml出たらいい方なぐらいでした。」
Dr.:「みなさん、夜は付けてる方が安心らしいですから。」
みか:「2月から数か月、夜間だけはいつもキャップ閉栓してましたし大丈夫です。それで400ml前後でしたので。」

っと押し問答の末、OKが出たんだけど。。。
人の話聞いちゃいねー。(  ̄д ̄)

結局、結果は同じということで、それから2日後の祝日明けに退院してきました。
(その日のうちに退院することが時間的に事務手続きがギリギリだったし、
翌日うーちゃんとお出かけ予定だったし。)

で、3日のお休みは、うーちゃんと素敵な喫茶店&大丸でお買い物+蓬莱(うーちゃんと来阪時に行った)で
ラーメンと豚まん食べて束の間の休息。( ( ´o`)ロ <(ホ)

ちなみに、便秘で苦しんでたんだけど、食べるともよおす→看護師さんはトイレに
すぐ連れて行ってくれない→不安。しかも、行っても出ないの繰り返しだったんだけど、
うーちゃんいるしと思って少し不安が解けて蓬莱のラーメン食べられたし、
あと、百貨店の綺麗なトイレに座らせてもらって、結果出なかったけど、看護師さんより
丁寧にケアしてもらって(というより、看護師さんは何もしてくれない)、
ちょっとお腹イタが和らいだ。(´Д`) 束の間の天国(笑)

再び17時ごろ地獄に戻ってその日をやり過ごし、翌日4日の10時半に退院手続きを。

神経内科のY倉Dr.に肩や首、腕の痛みについて聞く(触診はほとんどなく、「これ痛いですか?」という触診で
数分後、痛み再発。私が痛みの部位と症状の具体的説明をした後の問い「痛みは神経か?筋肉か?
原因は?」に対するDr.の答えが「痛みを取るには手術か薬だが、薬は副作用があるので」と
ズレてる話に終始する。ダメだ~。・・・( ̄  ̄) )
歯医者やPT・OTの指導(これらは収穫あり)もコミコミで約1万3千円。
障害者の特権使ってゴメンね。<(_ _)>(苦笑)

いろんな情報を得ようと、病院内の無料相談でソーシャルワーカーに、夜間(午後)やってる
福祉サービス業者と、午後診療をやってる病院の情報がないか聞いたけど、
ネットで調べたのか、私も見たことがあるようなページを印刷してきたものを見せ、
「まだ病院には問い合わせていないんですが・・・」と。
なので、「このページ知ってます。ここは透析のみ、ここもここも階段、それに全部午後診療ないですよ。」
っと教え、逆に私が行こうと思ってる夜間+訪問診療もやってる病院の情報をパクられるあり様。
もっとプロフェッショナルだと思ったのになぁ~、ガッカリ。o( _ _ )o ショボーン

たぶん、歯医者以外でこの病院を訪れることはないかも。
(歯医者は収穫だ。(笑))

退院日の夕方に近くの病院に行き、結果報告と今後のお願い(午後に自宅訪問してくれるらしい)、
それから入院前に微熱の件で診察に行って尿検査してもらってた結果を
聞くのを忘れてたので聞いてきた。(;^_^ A フキフキ

そしたら、感染してた。
入院時の検査では出てなかったのに。
けど、感染が出た尿検査の時は、尿パックの中のを採集したから正確じゃないけど。(パック内で繁殖するし)

微熱は謎だけど、Dr.が言うには
「しんどいの?しんどくないんだ。だったら、いいじゃない。しんどいとダメだけど。」
とのこと。

風邪でしんどい熱と、そうじゃない熱は分かるので、まっいっか。(・ё・)

あと、現在は、キャップで止めて数時間ごと&したい時に開放する間欠で試すことに。
自分でも開放出来る方法(職場だけでも)を模索中。

それから、尿道弛緩の薬は低血圧で飲んだらダメだけど、膀胱収縮の薬は飲んだ?っと聞かれ、
飲んだことがないと言ったら、今後、様子を見つつ、そういったこともいろいろ試してみましょうとのこと。
(「管ない方がいいでしょ?」と、治療に向けて取り組んでくれようとしてるDr.で、
かなり長時間でも話を聞いてくれる。)

このままでも仕方ないなと受け入れつつ、この先生が現役でいてくれる間はお願いしようかと。

ま、なるようにしかならないよね。(・ё・)





入院準備。
2016年10月15日 (土) | 編集 |
ども、みかデス。∠( ̄∧ ̄) まいど

えー、入院が森の熊さんで決まり、日程が25日からの1週間となりました。
ってことで、今、重いオケツを上げて入院の持ち物準備をしてるんだけど。。。

メンドクセー。( ̄д ̄)

一応、大雑把なカンジで、入院時持参する手引書に沿って集めてみたんだけど。。。

20161015_nyuuinjunbi.jpg

粗品のタオルですが、ナニカ?(゚Д゚ ) (爆)

カバンには、既に洗面器も入ってる。

洗面器と言えば、小学校の修学旅行の持ち物・事前確認日ってのがあって、
その前の晩に用意してた時、母の「洗面器はいらんで」という忠告を聞かず、
「だって洗面道具って書いてるやん!」と頑なに押し切って持って行ったら、
確認のホームルームでカバンから洗面器を出して、先生&クラスメイトに
大笑いされたっけ。( - -) トオイメ

そんなトラウマから、カバンに洗面器を入れると『ホントに持って行っていいのだろーか』
と不安になるのですが。。。でも、入院手引書に“洗面器”って書いてるしね。(; ̄_ ̄)9 うん

さて、次は持ち物に名前を書かないといけないんだけど、どーすべ?
直接、油性マジックで書くのもなんだかなー。(ー'`ー;) ウーン

あー、メンドクセー。( ̄д ̄)

だれか代わりに入院してくれ。ヽ(`Д´)ノウワァァァン!! ヾ(-_-;) オイオイ(爆)





ちょっと、うんざり。
2016年10月06日 (木) | 編集 |
「何しに来たん?」っと言われた病院で検査入院すると決断したものの
この期に及んでも、やっぱりウダウダ思ってた。。。

そしたら、月曜日にポンと後押しもあって、“何しに来たん病院”には見切りをつけ、
森の熊さん病院で入院することに決定!

で、そろそろカテーテル交換しないと時期的・状態的にもマズいので、
森の熊さんで入院のための診察時(11日)に合わせてカテーテル交換も
お願いしたんだけど。。。

森の熊さん病院では、シリコンカテーテルがないらしい!|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?

予約取ったときは、「(ゴム)アレルギーとかですか?では、シリコンの方、見ておきますね。」
っと、看護師さんに言われたんだけど(小さいパックは自費)、仕事中にケータイに
電話かかってきて、「やっぱり、ゴム製のカテーテルしかできない。」と言われた。。。

何しに来たん病院も同じで、ゴム製&大きいパックしかないらしい。
病院によって、対応が違うのか?(毎月通ってた近隣病院はシリコン対応。)

ゴム製は、詰まりやすくて結石ができやすいらしく、2週間交換が目安らしい。
シリコンは、詰まりが少なく、4週間交換が目安らしい。
長期間留置(またはゴムアレルギー)の場合、シリコン製にするみたい。

なのに、なぜゴム製しかないんだ?!
ゴム製で4週間は、キツいぞ。(シリコンでも4週間経つと詰まりが目立つ)
かといって、2週間ごとに病院に行ってられんぞ。

てか、森の熊さん病院、午後診療あると思ってたのに、午前だけだって~!L(>o<)」 オーマイガーッ!!
(午後は、検査と処置のみ。「処置って、カテーテル交換は?」って聞いたら、含まないらしい。)

森の熊さん病院に毎月通うのは、意味ないね。(=_=)

なので、とりあえず11日(火)に入院の予約を取りにだけ森の熊さん病院に行って、
今のカテーテルがもう4週間目で目詰まり激しいので(結石になったら怖い)、
いつもの病院に8日(土) 担当医はいないけど交換だけお願いに行ってこようかと。

そんなこんな中、入院の支度を整えようと思ってた時に
平熱の記載項目があったので測ったら、37.6℃もあって、ビックリ!

本人、いつも通りなんですケド。(・ ・)

何度測っても微熱があるから壊れてるんじゃないかと思ったけど、親は正常な平熱。
月曜~本日木曜まで、ずっと37.4~37.6℃です、隊長!∠(@O@) ビシッ!

明日(7日)の夕方、近くの病院行ってきマス。(-_-;)

なんか、病院ばっかで うんざりだな~。

広島旅行もルキノ亭も行きたいのに、病院通いに振り回されて思うように時間が取れなくて、
せっかくの連休、遊べないストレスで余計に病気になりそうだ。(=_=) (爆)





病院を求めて。
2016年09月26日 (月) | 編集 |
本日、新天地を開拓するため、森の熊さん(?)病院に行ってきマシタ。(*`・ω・)ゞデシ!!

病院自体は小ぢんまりしてるけど、脳梗塞や脳疾患系の人が多いからか、
車椅子でも広々と通れる作りになってて、完全予約制で人がごった返してないのもあって、
ゆったりした病院だった。(福祉グッズも販売&相談室も玄関先にあった。)

あ、WHILLの電動車椅子乗ってた人見かけたよ。(・o・)

で、肝心の泌尿器科の方だけど、若いDr.ながら話をよく聞いてくれる人で、
私が不信感を持ったDr.とその病院もよく知ってるらしく、
「僕よりずっと先輩で、僕も排尿障害を診ていますが、M先生は症例数も多く見てるので
クオリティはM先生の方が上ですが、(診療として)やることは同じなので、
こちらで診ることは全然可能ですし、患者さんの希望が一番なので。」と言われました。

診療方法も、「2週間の間、すぐに出るものではないので、長期的に自尿&導尿で
徐々に回復状況を診なければいけないもの」らしく、「女性の場合は尿道が短いので、
お腹を押さえるなどして腹圧を加えて出るなら(それで腎臓に影響が出ない程度なら)
それで良しとする人(場合)もある」とのこと。

M先生の「自尿できるかどうかは、2・3日で分かる。」とか、膀胱瘻(及び腸で繋ぐ手術法)などは
今回の先生からは一切出なかった。(私もM先生に言われたことを聞いたけど、上記の回答だった。)

選ぶのは患者の権利で、一番はそこだし、病院のこととかDr.に対する遠慮とか
全く気にする必要はないと言ってくれて、入院もここでやってみてもいいと言ってくれたよ。
(あと、もしダメだった場合のその後の管理もOKですとのこと。)

でも、スパッと前の病院を切ってしまうには万一の時を考えたら躊躇してしまい、
「とりあえず入院行ってみて、ダメなときはもう一度こちらでお願いすることは出来ますか?」
って聞いたらOKと。

結局、一応、このまま前の病院で入院するつもり。
だけど、入院の17日までに、もし私の気が変わったら森のくまさん病院で入院する。
17日までに森のくまさん病院に連絡がなかったら、そのまま行ったんだなということで解釈しておく。
入院が終わったあとは、森のくまさん病院に行く。(診察や管理等)

っという話でまとまりました。(・o・) まとまったのか?(笑)

今回は、意思疎通しやすかったし(まぁ、これは母と別行動だったからかも(苦笑))、
自分の意見も言いやすかったし、Dr.も「入院します?今なら、いつでも行けますよ~いつにする?」と
前向きな対応だったし、馬が合ったのかも。

この病院、歯科も小児神経科(最近、寝入ると左肩がヤバス)もあるし、
なんてったって午後診あるし(これ重要!(爆))、お世話になろうかな。

っと、その前に。。。駅から徒歩で行く道順、練習して覚えないとな。( ▽|||) ぐはっ(苦笑)





決定。
2016年09月01日 (木) | 編集 |
えー、壮絶な朝の腹痛を乗り越え、病院に行ってきました。
かえって病気になりそうだ。(┐ ̄  ̄┌)ゲソ~~

さて、遠い方の病院に行ったらば、Dr.に「何しに来たん?」って言われマシタ。
紹介状に書いてあることが前と一緒で、何をしに来たか書いてなかったらしい。(-"-)

で、入院で自尿を試してみることと、それでダメなら次は今後の導尿管理を考えるということで、
とりあえず、入院の日程を決めてきました。

10月17日(月)~ 2週間入院するよ。(・ё・)

自尿できるかどうかは、2・3日で判断できるけど、運よくできたら
確実に治ってるかの検査判断に時間がかかるので、2週間なんだって。

入院なんて、何十年振りだ?!

その前に。。。いろんな事やっておこう。(。-∀-)




次のステップへ。
2016年08月22日 (月) | 編集 |
月1回のカテーテル交換に行ってきマシタ。(*`・ω・)ゞデシ!!

先生、カテーテル抜く前に、「新しい(交換用の)カテーテルを準備万端にしてから抜くから、
でないと、入れるとこすぐ分からなくなるから」と看護師さんに言ってたよ。
瞬間入れ替えじゃなきゃ、そーとー難しいらしい。ワタシ。( ▽|||) (爆)

さて今回は、交換の後に話があるからと言われ、身だしなみを整えつつ、
先生の記入処理を待ってたら、どーやら前回行った排尿障害専門の泌尿器科がある
病院(検査したトコ)へ再び紹介状を書いてるらしい。

で、話し始めるに、「このまましてても前に進まないし、今交換した時に
試しに生理食塩水を入れて行って尿意を感じたところで申告してもらったら、
(一気に入れたということもあるけど)150mlほどで尿意を感じてたから、
前とすると伸び切ってた膀胱が縮んで来てると思うので、もう一度(前に検査した)病院で
膀胱圧の検査して前回と比較しつつ、2週間なら2週間で期限決めて入院して
出るかどうか確認してみよう。」っという話になりました。

それと、このDr.自身、今の病院には正規で在籍してないし、いついなくなるかわからないので、
もし入院結果で自尿できないとなった場合、ここの病院に若いDrが.来ても、誰でも簡単に処置できる
膀胱瘻を作ることも考えて、とのこと。
(膀胱瘻については、私のQOL(生活の質)のために“も”っと言ってたけど、
「簡単に~」って言葉が多かったし、毎回交換時にめんどくさそうだから、そう感じた。)

いつも、「この病院は、月水金の午前しか診療ないから」って言うし、
上記のようにも言われたので、下調べしておいた病院(私の障害の専門科があるし、
歯科もあるし、午後もやってる)を検討しているって言ったら、このDr.も賛同して、
ぜひ検査して入院する病院のDr.にもそう伝えて言ってください、とのこと。

ちなみに、母は、検査をやった病院には(遠くて)行きたくないようで、
私が下調べした病院に変わりに行ってはダメかと先生に言ってたけど、
前回の検査結果がある病院じゃないと経過が分からないし、次に希望していく病院も
今までの全ての診療内容を紹介状で持って行った方が有効だからと諭してました。

納得してなかったけど。(・o・)
なので、「うーちゃんにお願いするから来なくていい!」と言いマシタ。(・o・)ので、お願いしマス(爆)

とりあえず、9月1日(木)に再度(MRIとかやった)病院に行くことになりました。
行って、膀胱内圧検査の予約取るのか、入院の日程決めて入院の期間中に膀胱内圧検査を
やるのか不明なんだけど、どちらにせよ膀胱内圧検査をまたやらないといけないらしい。。。

大変すぎる。( ̄_ ̄|||)どよ~ん

入院とまとめてやれば、ひと手間省けるよね。。。
行ったときに相談してみよう。(-"-)うん




早退。
2016年07月06日 (水) | 編集 |
朝起きたら、また左肩と首、そして背中に激痛が!
寝返りもできなくなり、自力で起きられず。。。

またまた腕を壊したようデス。(´・ω・`) 今度は左だけど

腕は動かせるけど支えられず、乗り移りもできない。
仕事も昨日のミスのリカバリーに行ったけど、酷くなってきたので2時間で帰ってきました。。。

明日も休むよ。(´・ω・`) 給料減るけど

早く治るといいけど。。。てか、今夜寝る時が心配だな。(-_-;)




ケ・セラ・セラ
2016年07月04日 (月) | 編集 |
本日、セミの初鳴きが聞こえる中、月1回のカテーテル交換から、ただいまデス。(*`・ω・)ゞデシ!!

今日は、最初に見てもらった近隣の病院に行ってきたんだけど、
前回の詳しい検査で行った某病院から検査結果と報告書が届いてるはずだったので
主治医に「届いてますか?」って言ったら、届いてなかったよ。( ゚∀゚)・;'.、グハッ!!

しかたないので、検査後に話された内容と、「治療法もないし、このまま導尿生活で。
ただし、2週間ほど自力排尿をトライして確かめることもできる。っと言われた」と(もう少し詳しく)伝えたら、
近隣医の主治医は、かなり驚きながら「僕の見解としては、諦めるのはまだ早いと思う。
時期尚早だ。」っと言われ、もう少し様子見しようということに。

報告書が来てないので、それ以上の話は出来なかったけど、とりあえず報告書を催促してくれることと、
元々、自力排尿できてたわけで、にもかかわらず残尿が溜まっていったのは何らかの原因が
あったハズで、気付いたのは数年前かもしれないけど、もしかするともっと前からだったとすれば、
1年ぐらいしないと膀胱の拡張が元に戻らないかもしれないので、今すぐ諦めるのは早いという
主治医の話を聞いて、いつも通りの処置で今日はおしまい。

前に言ってた、入院で2週間の自力排尿トライも今すぐというわけではなく、
それも含めて、今後どうするかは気長に様子を見ながらというカンジになりそうです。

まぁ、しかたないね。(・ё・) なるようにしかならないし

感染に気を付けないといけないし、結石もできやすいらしいから水分補給も気を付けないとだし、
カテーテルの位置とか引っかけたりとか気を付けなきゃいけなくてメンドクサイんだけど。。。

でも、お出かけの時は楽だから、まいっか。(・ё・) (笑)





1つ増えました。
2016年06月29日 (水) | 編集 |
いあ、増えたのは歳じゃないよ。(・ё・)

ってことで、こんちは。∠( ̄∧ ̄) みかデス

えー、昨日、第2回目の検査に行ってきました。(*`・ω・)ゞデシ!!
結論からいうと、カテーテル付の身体に決定です。
障害、もう1個増えちゃった。(-"-) メンドクセー

昨日の朝も相変わらずお腹を壊し、道中沈黙の車内。
これでも、予約時間を最終(11時)にしてくれるよう、うーちゃんが交渉してくれて、
尚且つ、最短ルートで運転してくれたおかげでギリギリ出発できてマシだったし、
間に合ったけどさ。(>_<)

しかし、今回の膀胱機能検査(膀胱内圧測定CMG・尿流内圧測定PFS)は、苦痛だった。
しかも、それで終わりと思ってたのに膀胱造影検査もあって、それも大ごとだったし。(T▽T)

まず、膀胱機能検査は、留置バルーンを外した後に太腿に電極パッドを貼ったり
検査用の膀胱カテーテルを入れるんだけど、ただでさえ女性は入れにくいと言われてるのに、
私は足も広がらないので、母が私の片足を立てて押さえてる状態で看護師さんがトライ。

でも暗くてなかなか入らず、母と看護師さん二人で覗き込んで
苦戦してたんだけど、突如、看護師さんが「ありがとうございます」って言うもんだから
私も顔を上げてみたら、うーちゃんがペンライトで照らしてた。(  Д ) ゚ ゚ (爆)
(看護師さん「助かりました」って言ってたけど。(苦笑))

そんな風に手こずったからか、それともセンサーを入れたからか、格闘されてる最中
尿道がチクチク痛くて、ここで半泣き状態。
しかも、肛門にもセンサー入れられて、朝の腹痛からまだ復活してない私は
ハラハラ状態のダブルパンチ。(T_T)

そして、こんな管が付けられまくりの“メンテしてる草薙素子”状態で
ポータブルトイレのような椅子に座りなさいと言われ、ひと騒動。

いざ測定しようという段になっても、機械のエラー吐きまくりで接続確認や
なんやかんやで大騒動。。。

イツモノ デンパ デテマスカ?(▽*) アヒョ

血圧計は、血圧が低いとエラー音が轟くし、なんか凄かった。(-"-)

検査方法は、生理食塩水を膀胱に入れていき、“尿意を感じて自己申告”
“このぐらいでトイレに行くと自己申告”、“我慢できないぐらいになったら自己申告”
と、3回の合図の後、自力排尿するんだけど、排尿しそうなった瞬間に尿道がチクッと痛くて
結局自力では出せずじまい。測定結果でも、膀胱収縮が小さい波しかなくて、
押し出すだけの収縮が起こってなかったらしい。

そのあと、出せなかった生理食塩水を抜くのにまた導尿をして(この時に上記のペンライト登場)、
次の検査室に向かったんだけど、12時半を過ぎてたので13時半に出直せと言われ、
一旦そのままお昼ご飯を食べることに。

数か月ぶりの管なし体で、ちょっと解放感。(*´д`*)

が、束の間の休息も終わり、後半戦の検査も地獄だった。。。

膀胱造影撮影検査は、まずレントゲン台に寝転んで普通に撮影。
それから、また導尿されて、寝てる状態のお尻の下に穴の開いたイスをセットされ、
そのままレントゲン台が90度に回転し、着席状態に。

私は、宇宙遊泳訓練をしてるのか。。。?(-"-)

簡単に書いてるけど、これまたセットが大変で、看護師&技師&医師数名ずつが右往左往。
検査自体は、造影剤を注入しつつ尿意を感じたら申告し、その様子をレントゲン撮影するだけで
痛みはないんだけど。。。

最後に伏兵現る。(-"-)

全ての検査終了後、身内がすべて追い出されているレントゲン室で留置バルーンカテーテルを
入れられたとき、看護師2名で足押さえ&導尿してくれたんだんだけど、導尿した看護師が下手くそで
入れるのも痛いわ、入れた後も開通確認が出来なくて「ちょっとバルーン膨らませてみます」っと
膨らませたら尿道で膨らんで激痛だわ、あまりに処置が遅くいのと、私が痛みで叫んだから
担当医が飛んできて、結局医者が処置をしたという。。。

かなり痛かった。(>_<) 昔のトラウマ再び

その後の診断結果報告では、MRIは異常なかったものの、膀胱の収縮が起こらず、
それが脳のどの部分の神経の異常から起こっているのかは現代医学では解明されてないので、
治療の手段はないと言われ、打ちひしがれ。。。

間欠導尿で自己排尿できるか一定期間見てみるって手もあるけど、
自分で導尿は出来ないし、家でも難しいだろうし、2週間ぐらい入院してやってみる方法も
あると言われたけど、納得しない患者への慰めだろーなーって感じで。

次のカテーテル交換が7月4日なので、近隣の担当医に結果報告と今後の相談しつつ
もし家で導尿できたら、入院しないで試してみることでもOKか聞いてみようかなっと思ったり。

まぁ、どーなるか分からんけど。(´・ω・`)

ってことで、こんな感じでワタシ的にはメンドクサイ体になったけど、
介助する側からは、楽ちんになったとも言えるわけで。。。

ま、生きてるだけで丸儲けだし、旅行にも行きやすくなったと思うことにして、
とりあえず、病院代と遊び代を稼ぐべく、今日の仕事行ってきマス。ε=ε=ε=ε=ε=(o- -)oブーン(笑)